2014年05月09日

この3Dプリンタで銃を作った人がすごい! 2014

最初このニュースを聞いたとき、まず気になったのは3Dプリンタ云々より「どうやって警察は拳銃を見つけたんだ?」というところだった。大っぴらに町中で撃ったとかならともかく、自宅で作成や保管していたらわかるわけがないから、「身近な誰かに自慢したら、その人が警察に相談した」あたりかと勝手に考えていた。

でもそうではなくて、この容疑者はネットで相当派手に活動していて、例によってTwitterやYouTube&ニコ動で自分の活動を色々と投稿していた、という話らしい。なるほど、これなら通報に事欠くことはない。「3Dプリンタによる武器製造の最初の摘発がバカッターとは、さすが21世紀だね!」とほっこりした気分に。

しかし、記事を読んでいくと、いわゆる“うっかり系のバカッター”ではないことが嫌でもわかってくる。なんせ冷蔵庫の中に入ったり、サッカー選手の奥さんを罵倒したりするような人とは、ひと味もふた味も違う発言が記事の中に出てくるからだ。

「私は世界で初めて実弾発射能力を有する3Dプリントリボルバー(回転式拳銃)を開発しました。私は日本で初めて3Dプリンター製の拳銃を作った張本人。このことを誇りに思う」

3Dプリンター銃作製 「銃規制する社会への挑戦」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

「銃を規制する社会に対する挑戦と武装の自由化のためです。人は熊を倒すのに猟銃を使います。銃は体力で劣る女性が男性を射殺するために必要です。銃刀法を廃止できなくても誰もがすぐ製造できるように3D印刷拳銃の図面を普及させる」

3Dプリンター銃作製 「銃規制する社会への挑戦」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

これはぜひ「生の声」を聞くべきだと、早速実際のアカウントに当たってみることに。アカウント自体は消されていなかったので簡単に見つかったものの、いや、これが凄いこと凄いこと。最初に報道記事を読んだときは「どうせ過激な発言をだけを選び抜いてきたんだろう」と思っていたら、それどころじゃない豪快な発言がひたすら並んでいるという、ある意味壮観な光景が飛び込んできた。

確かにこれ(とすでに消されているらしい銃のサイトと動画)を見たら、警察も通報をスルーできないんじゃなかろうか。世間一般としては「3Dプリンタで銃を!」という方に当然目がいくだろうけど、個人的には「アレな人に便利すぎる道具を与えると、あっという間にボーダーを超える場合があるし、これは法整備ですぐにどうこうできる問題じゃないだろう」と思ってしまった。何せ本人は法律というか社会自体を銃(を広めること)で何とかしようと考えているわけで、そもそも最初から法律をきちんと守ってくれそうには見えない。自らの正しさに向かって突き進んだ結果が、今回の事態に繋がっているのだから。

とはいえ、3Dプリンタで銃を作ること自体に関しては「どうせ弾が手に入らないので、大した意味はない」「銃を作れることで規制するべきなら、他の道具も規制対象になる」という話があった。個人的にはすぐに判断できる範囲の話ではないので、この辺りは識者の記事を待ちたい。

posted by RPM at 09:00 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

PC(Origin)版BF4で「追加の拡張パックが必要です」というエラーが出る場合の対処方法

BF4(Battlefield 4)ですでにDLC(拡張パック)を入れているのに、「追加の拡張パックが必要です」と表示されるトラブルが発生してしまった。「アップデートを確認する」や「ゲームを修復する」を選んでも問題なしと表示されるのに、なぜかバトルログからDLCのマップ(China Rising)を選ぶと拡張パックを要求される。BF4に最初からあるマップでプレイする限りは何の問題もないので、どうやらDLCの存在を正常に認識していないようだ。ゲーム自体は正常なのでDLCだけアンインストールしてインストールし直せばいい感じはするのだが、Originにはそういう項目が見当たらないので(正規の方法では)多分できないのだろう。

実は原因に思い当たるフシはある。諸事情でOSを初期化する必要があったのだが、そこでゲームを再度ダウンロードし直すのが面倒だったので、「“Battlefield4”フォルダ自体をバックアップ(手動コピー)して、Originインストール後に上書きする」という方法でBF4を復元した。多分、これが問題だったのだろう。自分でも無理矢理な方法だと思うが、Steamと違って標準のバックアップ手段が用意されてないのでしょうがない。

解決法を調べてみると、日本語のサイトではかなりノイズが多かったが、英語ならドンピシャなページが見つかった。EAのフォーラムにこれはレジストリの問題であり、特定のキーを追加すればいいことが書いてあった。

英語で書かれている内容をいいかげんに訳すと次のような感じになる。

  1. Originを終了させる
  2. レジストリエディタを起動する(「プログラムとファイルの検索」などから「regedit」と入力して起動)
  3. レジストリの「HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Wow6432Node \ EA Games \ Battlefield 4」に移動
  4. 「Battlefield 4」フォルダに「Xpack1」フォルダがあるか確認し、ないなら「新規」→「キー」から「Xpack1」を作成
  5. 「Xpack1」を右クリックして「新規」→「文字列値」を選択すると「新しい値 #1」というキーができるので、「Installed」に名前を変更
  6. 「Installed」をダブルクリックすると“文字列の編集”というウィンドウが開くので、「値のデータ」に「True」と入れてOKを押す
  7. レジストリエディタを終了し、China Risingのマップにログインしてみる
レジストリエディタで「Xpack1」を追加したところ

以上の手順で自分の環境では普通にログインできるようになった。上記のページによると、それでもだめなら「ゲームを修復する」を試してみたり、ブラウザのキャッシュやCookieを消せばいいらしい。

ちなみにこれらの手順は前述の通りにChina Risingでの話だが、調べるとBF4のDLCは基本的に「Xpack[n]」という通しナンバーで管理しているようだ。つまり、そのほかのDLCでも同じようなトラブルが起こったら、「Xpack1」の「1」の部分を別の数字に変えれば問題が解決できるのかもしれない。

posted by RPM at 01:21 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

Xbox 360版のGTA5を快適にプレイする方法

今日(10月10日)が発売日なので、メモもかねてざっくりまとめておきたい。

端的には「2枚のディスクを同じドライブにインストールしない」ことが重要な模様。
Xbox 360のGTA5は(Blu-ray 1枚ですむPS3版と違い)DVDディスク2枚組になっていて、片方がインストールディスク、もう片方がプレイディスクになっている。Xbox 360のディスクドライブはうるさいため、当然(他のゲームのように)プレイディスクもそのままHDDに取り込みたくなる。しかし、両方を同じドライブ(HDD)に入れてしまうと、データ転送が間に合わずに、「テクスチャの貼り遅れ」や「オブジェクトの表示遅れ」が発生してしまうらしい。

具体的には以下の動画の、特に最初の海岸のシーンがわかりやすい。

これを避けるためには、プレイディスクを取り込まない(でDVDドライブから読み込む)か、別のストレージを用意して、そちらに取り込めばいい。一番簡単なのはUSBメモリを使うことで、これをXbox 360本体に差し込んで利用可能にし、片方のディスクをHDDに、もう片方のディスクをUSBメモリに取り込む。インストールの容量は、どちらのディスクにしても8GB近くあるらしいので、USBメモリの容量は、最低でも16GBはないと厳しいんじゃないかと思う。
なお、軽く調べた限りは「プレイディスクの方をHDDに取り込んだ方がいい」という話がいくつかあったが、信憑性がどれぐらいなのかはよくわからなかった。(特に違いはないという話もある。)

自分の場合は前に買った左下のUSBメモリがあるため、これをこのまま流用するつもり。ただ、今のXbox 360本体は、32GBのUSBメモリが使えるようになったので、新しく買うなら容量が大きい方(右下)が後の使い道が多くていいかもしれない。

 

ちなみにPS3の方は、最初からすべてをインストールすることができず、「必ずディスクドライブとHDDで読み込む」という形になるため、特に何かする必要はないとのこと。(ダウンロード版だと色々あるらしいのだが、日本では元々発売されないので関係ない。)

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。