2009年06月19日

ガツンな釣り職人の朝は早い

「まぁ好きで始めた釣りですから」
最近はネットイナゴが多いと口をこぼした。

まず、朝の大漁祈願から始まる。
「やっぱり一番嬉しいのは大量に釣れたときね、(自称)アルファブロガーをやっててよかったなと」
「でもね、毎日毎日身に覚えがないネガコメも受ける。素人にはお勧めできない」

今日ははてなの副社長が来る日。彼は時計を見ながら雨の中を尋ねてきた副社長を応接間に通した。
話の中身は特に決まっておらず、副社長の質問に答えるような形で話は進む。
自分もそうだけど成功者は忙しくてみんなの都合を合わせるのが辛いところ、と彼は語る。
「やっぱ人気者はキツイね、愚痴ってもしかたないんだけどさ(笑)」
「でも自分で会いに来いって誘った人だからね。後悔はしてないよ」

食事をしながら一緒にブコメを見たところで、もう10年来の付き合いのようにすら思えてくる。
「このユーザはダメだ。ほら、すぐにうすらバカになってしまう」
彼の目にかかれば、はてブを見るだけで人間の出来不出来が分かってしまう。
はてな使い倒しブロガー、ここにあり。

今、一番の問題はネタ切れであるという。
自分の記事の反応に満足できないと、その日の釣りをやめてしまうという。
かつては少しの釣りタイトルとハッタリとTipsで大量に釣れたブクマだが、今では個人情報を公開したり門外漢のネタを無理矢理ライフハックに仕立て上げないと反応が少ないという。
キモは構成力。大量に現れるネガコメに押し切られることなく、冗長で、大げさで、実態がなくてもありがたみが増すような記事を書けるようになるのには何年もかかる、と匠は語る。
反応からより釣れそうなネタがあるなら手間を惜しまず食いつく。
この時のタイミングでブコメの空気はガラリと変わってしまう。
ここはいつも気が抜けないね、と汗をぬぐいながらいった。

そこで最近編み出されたのが「ガツン」と言ってやるメソッド。
この「ガツン」の一つ一つが読者の神経を刺激し、ホッテントリへと誘ってくれる。
さらに自分と同じような成功者を呼び寄せる効果まである、と語る。

今のところ「ガツン」を有効活用している職人はほとんどおらず、日本ではほぼ自分だけだという。
「冗談ではなく近いうちに死人が出るぞ、そうなってからでは遅い」
「死んだり殺したりすると取り返しがつかないぞ、当然はてなもだ」
「要するにニーチェの『深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ』というやつだ。(笑)」
と満足げ。
何を言っているのか素人の我々にはまったく理解できなかったが、彼は「言えるのはここまで」と死人が出る具体的な理由等には一切触れなかった。ただ、匠の「ガツンと言ってやった」という自信のみは文句なしに伝わってくる。

最近「ガツン」を誰かに伝授したことがあるのですか?という問いに、彼はにこやかに笑いながら二つほど例を挙げてくれた。

ひとりはとあるベンチャーのCOO(代表取締役)で、「労働者の権利ばかり主張して全く義務を果たさない奴」をひねり潰す方法として教えたという。
「『社内の効率化に劇的な効果があった』『自分や会社の知名度が飛躍的に上がったのも見逃せない』と大喜びしてたね」
「法律や権利なんて『ガツンとひねり潰せば大したことじゃない』ってことが知れ渡ったのが嬉しい」
「その後の噂じゃどっかのヒゲのサスペンダーにガツンとやられ返されたとか風の噂に聞いたけど、よそのは亜流だよ。ウチとは関係ないから」
と楽しそうに語る。

もうひとりはあるアルファギークで、前々から許せない言動が続いていた奴にガツンと言ってやったという。
「『以前からオープンソースでないものをオープンソースと勝手に定義して語る残念なハイブロウ好きがいて困ってる』と言ってたね」
「『すべてのWeb上の反応を読んでいた』と言ってたわりに『別の人からも何度も同じような指摘をされてもそれが直らなかった』とか何とか」
「『よく知らない範囲なのに勝手に語って"根付いてない"とか"土壌がない"とか印象論で決めつけられたうえ、変な誤解が広まるのが我慢ならない』と熱く語ってたのが忘れられないよ」
「その後は話題をずらされて『恣意的』とか『ルール違反』とか言われてぐだぐだになって、ガツンと言った意味があったのかなかったのか良くわからなかったけど」
と少し残念そうな表情も浮かべる匠。

最後に今後の活動予定について聞くと、力強く次のように語る。
「『ガツン』の有効性はこれ以上ないほど実証されたね。はてなの副社長とドワンゴの会長を呼び寄せたぐらいだから」
「この調子なら近いうちに『ガツン』の一言でオバマ辺りも釣れるんじゃないかな」
「もう『会いに行く』とか受け身な表現はやめて、『とにかく俺に会いに来い』辺りの方がいいかと思ってるね。どうせ会っても話した中身は書かなくてもいいし。(笑)」
遠い目をしながらも確信満ちた静かな語りが、「釣り」への情熱と求道心を隠しきれずに我々へと伝える。

職人とは、道と夢を追い続ける者であるという。
彼は、自らの夢を追い続ける……。

そして今日も彼は、日が昇るよりも早く大漁を祈願しつつネタの練り込みを始めた。
明日も、明後日もその姿は変わらないだろう。

そう、ガツンな釣り職人の朝は早い───

posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | 議論・揉め事 | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

ゲームソフトのDL専売化はユーザや市場にどんな悪影響を及ぼすか

PSP Goのソフトがダウンロード販売専用と発表されて「これでソフトが安くなる!!」とか「小売店なんて不要だろwwさっさと店じまいしろよwww」という反応が結構あるようなので、反対意見をいくつか。*1

本当に安くなるかはわからない

流通コストや中間マージン、メディアコスト等が減る(ことが見込まれる)のは事実としても、実際にそれが価格にどれほど反映されるかどうかは不明。メディア版とダウンロード版が同時に提供されるなら、恐らく値段の差は明確に付けてくるはずなので「ユーザが支払う値段」に直結するが、最初からダウンロード版しか用意されないなら安くなっているのかどうかをユーザが確かめるすべはない。

メーカとしては減ったコストを単純に「利幅を多く取る」や「開発コストを増やす*2」という方向性に持っていってもいいわけで、価格付けの権利がないユーザが手放しで喜ぶようなメリットではないだろう。

値引きやセールがなくなる

ゲームソフトは娯楽品としては定価が(本などに比べ)比較的高い部類に入るが、実際にみんなが定価で買っていたかといえばそんなことはない。利用する店にもよるが、通販だろうが店頭だろうが大概は数%〜数十%の値引きがおこなわれている。これには以下の二つの理由がある。

価格競争のため

特典などを除けば同じ商品をどこで買っても何の違いもないのがゲームソフトなのだから、競争するとしたら基本的に「価格」しかない。実店舗でもそれなりの競争はあるだろうし、価格の比較が瞬時にできるWebならさらに競争が激しい。買ってもらう確率を上げるには値段を下げるのが一番手っ取り早いので、しょうがなく店は定価から値段を下げてソフトを売っている。

これは視点を少し変えれば「小売店は自分たちの利益を削って客を呼び込んでいる」ということになる。もちろん店としては利幅が大きいに越したことはないが、よそで買われると利益がゼロ*3になるので競争に打ち勝つために値段を下げているだけにすぎない。

販売システムによる在庫のため

ゲームの流通・販売システムには基本的に返品システムが存在しない。*4仕入れ・発注は小売りが自己責任でおこない、ゲームソフトは買取の形で店の在庫となる。つまり売れ筋を読み違えて販売数と仕入れ数がかけ離れてしまうと、あっという間に在庫の山となってしまう。*5メーカとしてはソフトを問屋や流通に卸すまでが仕事なので、店舗で売れ残っても(まったくではないが)そんなに大きな問題はない。要するにメーカが直接的に商売をしているのはユーザではなく、問屋や小売店ということだ。

前述の通り小売りはソフトをメーカに返品できないので、店は商売をするために在庫リスクを承知のうえで半ばバクチのような形で「なるべく売れそうなソフト」を仕入れることになる。しかも、ゲームという商品は一般的な傾向として「発売日直後に販売のピークが存在し、その後は急速に右肩下がりで需要が落ちていく」という特徴がある*6ので、時間が経てば経つほど在庫処理が難しくなっていく。その後に待っているのは、少しでも元を取るために当然赤字覚悟でおこなう恒例の「ワゴンセール」である。

新作はともかく、ユーザがワゴンセールなどで安くソフトを購入できるのは、「小売りや問屋がリスクを負ってるから」に他ならない。メーカはすでにソフトを卸しているので関係ないし、ユーザは(場合によっては)仕入れ値以下でソフトを買えるというメリットを享受してるわけで、このシステムでわりを食ってる比率が大きいのは問屋や小売店といえるだろう。*7

ダウンロード販売は値段を下げる必要はない

ダウンロード販売のみになった場合、商品(データ)の流通は直営ストア→ユーザのみで完結するので、当然小売り間の価格競争は発生しない。在庫という概念も存在しないので、値引きやワゴンセールで売り切る必要もない。要するに値段は価格改定以外では下がりようがないし、実際に下げる必要もない。基本的にゲームは「いつ買っても定価」という存在に変わる。

「(時期を問わず)安い店で注文したり予約する」や「発売から時間が経ったゲームを安く買う」というのは(販売店はともかく)ユーザにそれなりに大きな金銭的メリットを与えていたと思うが、それがなくなるのはデメリットには間違いない。クソゲーや供給過多のゲームを安価で買って楽しむ、ということもできなくなる。

個人が利用できるゲームソフト売買市場の消滅

パッケージがなくなってしまうのだから、(個人間でも)ソフトの売買が当然できなくなる。メーカとしては嬉しいところだろうが、ユーザとしては不要ソフトを売ってお金にすることはできなくなるし、買うときも中古と新品を選んで買うということができなくなる。ユーザは単純に選択肢が狭まるし、中古市場で起こっていた金の流れがごっそりなくなる分、市場の規模は恐らく小さくなるだろう。

販売店がおこなっていた中古売買では確かにメーカには直接的な利益は入っていなかったが、そもそも店は商品がなければ商売ができない関係上、その利益で新品ソフトの仕入れもおこなっていたと考えるのが自然。逆に中古売買の利益があったからこそ、新品の仕入れができていた・増やせていた側面もあったはず。*8この辺りを無視して中古販売のデメリットのみを唱えても、あまり説得力はない。

ブロードバンド環境がなければ買えない

言うまでもないがネット環境がなければ話にならないし、細い回線で買うのも非現実的。まあ現在では問題になる人・家もあまり多くはないかもしれないものの、販売ルートがネット通販のみになるので「買える層(ターゲット層)」も自然と絞られてしまうのは間違いない。

出荷本数ではなく、実売で売り上げが決まるようになる

これはメーカ側のデメリット。

繰り返すがメーカが直接取引をしているのは問屋・流通なので、一度流通に商品を売ってしまえばそこでメーカ側の売り上げは決まる。ソフト自体の出来が残念で実売数が振るわなくても、宣伝や広報に金をかけて発売前に大量に受注できれば(とりあえず短期的には)メーカの目標は達成できる。

実際に実売数と流通数に大きなギャップがあるソフト*9は発売後に急激に値段が下がることがあるが、これはメーカから見れば「実売以上に商品がさばけた状態」を表している。これはネット専売になった場合の「実売=売り上げ」では起こりえない状態である。

中間業者がユーザにとって無駄とは限らない

メーカ直売ではなく流通や小売りを通すということは、当然中間業者・マージンが存在するということになる。これは一見エンドユーザからはただの無駄に見えるが、上記のとおりにメリットになっている点もそれなりに存在する。

ユーザはなるべくクソゲーをつかまないように努力するが、それは小売店もまったく同じだろう。むしろある程度まとまった数を仕入れないと商売にならない分、リスクとしては店側の方がずっと大きい。ユーザとしては近場の店からネット通販まで好きな店を選べるし、店舗間の競争を利用して値引率の高いところで購入したり、店側の予想(発注)ミスを利用して場合によっては仕入れ値よりも安くソフトを購入できたりもする。

ダウンロード販売自体のメリットは当然あるものの、それだけを見て「バラ色の未来が!」と考えるのはちょっと短絡的すぎるんじゃなかろうか。

*1:メリットについては上のリンク先で出尽くしてる感があるので、このエントリでは触れない。

*2:「開発コストを回収しやすくする」と言った方が正しいかもしれないが。

*3:お金をかけて仕入れているのだから、正確にはマイナス。

*4:今は亡きデジキューブでは返品システムが存在した。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

*5:ゲーム屋さん的クソゲーオブザここ数年 - http://ameblo.jp/oosakaking/entry-10210129792.html

*6:DSの脳トレやマリオのように例外も存在する。

*7:ただし例外もあって、メーカが損する場合もある。http://blog.goo.ne.jp/enjoythegame/e/ef743b4e511b1cd6929644cd636113f5

*8:前述のとおりメーカは「出荷した時点」で商売が完了するため、中古の市場で回っている商品は一度メーカが出荷して「利益が確定した商品」だけ。

*9:つまり小売店から見れば「予想が外れて売れなかったソフト」

posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

楽天裁判 2009春 〜蘇る楽天vs社会派GIGAZINE〜

先生「それでは今から帰りの会を始めます。今日の『良かったこと、悪かったこと』何かありますか?」

GIGAZINE「はい!!」

先生「はい、GIGAZINEくん」

GIGAZINE「みんなに聞いてもらいたいことがあります!それはあそこの楽天さんがみんなの『こじんじょうほう』を売り歩いていることです!!それはとっても悪いことなので、ぼくはここで楽天さんを『こくはつ』します!!」

先生「詳しく説明してみてGIGAZINEくん」

GIGAZINE「はい!楽天さんのお家は大きなショッピングモールで、そこに入ってるお店に1件10円でこじんじょうほうのリストを販売してるんです!!ぼくは楽天さんのお店でしか使ったことがないメールアドレスに迷惑メールが来るって聞いて、そのメールを見せてもらったり、友達から『ないぶじょうほう』を教えてもらったりして、この『真実』に突き当たりました!」

先生「続けて」

GIGAZINE「楽天さんのお家は前に『ふしょうじ』を起こして、モールの中のお店にはメールアドレスを教えないことになってます。確かに売ってるリスト自体にはメールアドレスは載ってないけど、そこは楽天さんのお家に頼んでサインすれば有料で販売してるリストにメールアドレスが追加されるんです!こんなありさまじゃ、モールの中のどれだけのお店が悪徳業者にメールアドレスを売り渡しているかわかりません!!これじゃ楽天さんのお店じゃ恐くて買い物できないよ!!」

はてなくんA「楽天さんは最悪だ!」
はてなさんB「正義の味方GIGAZINEくんカッコイイ!!」
mixiさんA「楽天さんって金の亡者なのね」
mixiくんB「前から怪しいと思ってたんだ!」
mixiさんC「わたしの高貴な個人情報がたったの10円ってどういうことなのよッ」
mixiさんD「さっさと潰れてよ楽天さん」

はてなくんC「いやGIGAZINEくんの言い分の方がなんかおかしくね?」
はてなくんD「つーかGIGAZINEくんの言うことはいつも大体変だよ」
はてなくんE「というよりGIGAZINEのアホのいつもの釣りだよ」

匿名くんA「楽天の店を使ってる奴は元々情弱wwざまあwww」
匿名くんB「楽天の野郎は調子こいてるから潰れろwwメシウマwww」
匿名くんC「楽天もGIGAZINEもムカツクので共倒れしろwww」

デジマガ「異議あり!!GIGAZINEくんの言ってることはデタラメもいいところだよ!GIGAZINEくんの言い方だと個人情報を無関係な人も買えるみたいだけど、そんなことはなくて『その店で買い物した人』しかそのデータはダウンロードできないんだ。それにそのリストを使わなくてもメールアドレスは元々お店の人が知ることができるようになってるんだから、『個人情報を売ってる』わけじゃない!その1件10円のリストはお店の人の手間を省かせるためのものなんだ!!」

アルファコメンテーターA「何を言ってるんだ。楽天が悪いに決まってるだろ。お前アホか」
アルファコメンテーターB「なんで必死に楽天の肩を持つのww金か?金もらってるのか?」
アルファコメンテーターC「そんなことよりクレジットカードの番号が漏れているかどうかの方が問題だよねー」

はてなくんC「やっぱりGIGAZINEくんの方がおかしいよね」
はてなくんE「ぼくはこっちを支持するよ」

先生「どうなの楽天さん?」

楽天「どっかの誰かが何か言ってるみたいですけど、何も身に覚えがありません。事実無根です。安心してください」

デジマガ「ほら、やっぱりGIGAZINEくんの事実誤認だろ!ぼくの指摘通りだ!楽天さんがそう言ったから間違いない!!GIGAZINEくんはさっさと敗北宣言したらどう?」

アルファコメンテーターA「相変わらず楽天の擁護ばっかりwそんなにGIGAZINEが嫌いなの?www」
アルファコメンテーターB「つーか目くそ鼻くそだろ」
アルファコメンテーターC「最初から楽天擁護、GIGAZINE叩きの展開を作ろうという姿勢が見え見えですよー。プププー」

キバヤシ「なるほど……見えたぞ。今、楽天さんのお店は医薬品売買の法改正で揉めている。楽天さんの家は法改正反対派の急先鋒だ。そう、これは地球的規模の陰謀だ!GIGAZINEくんの裏には楽天さんを破滅させようとする裏の黒幕が存在するッ!!さあ、その存在の正体を早く打ち明けるんだ!!さもないと地球は破滅する!!!」

真実が見えた人々「な、なんだってーーー!!!」

先生「GIGAZINEくんは自分から告発したなら、ちゃんと説明して」

GIGAZINE「違うもん違うもん!悪いのは楽天さんだもん!!その理由は10個もあるんだよ!その1に楽天さんは『お店にはメールアドレスを教えない』って約束したのに破ってるんだよ!!その2に(中略)それにそれにモールに入ってるお店が個人情報を流さないことも保証してないし(中略)最後に楽天さんの反論は『事実無根』って言ってるだけだから、何の反論にもなってないもん!!グスグス」

はてなくんA「やっぱり問題があるのは楽天さんだ!何でみんなGIGAZINEくんを叩くの?」
はてなさんB「GIGAZINEくんを叩いてるみんなが恐いわ。ただのヒステリーでしょ?」
mixiくんB「どうでもいいけど楽天さんの謝罪まだー?」
mixiさんE「もっと楽天さんは叩かれるべきよねー。もしかしたら金と圧力でもみ消してるんじゃないの?」

はてなくんC「なんか言ってることがずいぶんトーンダウンしてね?」
はてなくんD「最初の話が『嘘・大げさ・紛らわしい』にもほどがあるよ。謝罪と修正まだー?」
はてなくんE「必死すぎw同じことを何度も繰り返して無理に理由を増やすなwwアホかwww」

先生「GIGAZINEくん、もっと落ち着いて話そうね」

はてなくんX「どうでもいいけど俺以外全員アホ。どうせGIGAZINEくんを叩いてる奴らは話を理解しないで反射的に叩きたいから叩いてるだけでしょ。あー集合愚!集合愚!」

楽天で米を買った人「GIGAZINEくんがアレだから俺が楽天さんに聞くよ。1.『具体的にどの個人情報が店側に送られてるのよ?』2.『メールアドレスを秘匿するサービスは実装されてるの?』これだけ教えてくれればいいから」

楽天「GIGAZINEとかいうのが何か言ってるみたいですけど、ただの事実誤認です。安心してください」

楽天で米を買った人「いや、別にGIGAZINEくんのことは何も聞いてないんだけど」

楽天「名前、メールアドレス、フリガナ、住所、電話番号等が注文したときに店側に送られます。個人情報の取り扱いは万全です」

楽天で米を買った人「で、メールアドレス秘匿システムは実装されてるの?」

楽天「お客様におかれましては、今後とも安心してお買い物をお楽しみ下さい」

楽天で米を買った人「何で聞かれてないことに答えて、聞いていることに答えないの?」

楽天「とにかく安心してください」

楽天で米を買った人「根拠もないのに安心してくださいとかナメてんのか」

楽天「……」

はてなくんF「GIGAZINEくんも酷いけど楽天さんも酷いなー」
はてなさんG「結局『メールアドレスを店に教えない』というのは嘘だったのね」
はてなくんH「建前としては『特殊な事情がなきゃメールアドレスは教えない』ということになってるけど、その特殊な事情が『店で買い物する』じゃ意味ねーよ」

先生「あーもうこんな時間!とりあえず今日のところは『どっちもどっち』ということで、言い出したGIGAZINEくんが謝ってね。それで終わりにしましょ」

GIGAZINE「……ぼくは楽天を全力で応援しています。がんばってください」

先生「まあいいわ。それじゃ皆さんさようなら」

生徒一同「先生さようなら」

〜帰り道にて〜

はてなくんI「今日の問題どう思う?」
はてなさんJ「んーとね、まあGIGAZINEと楽天だからしょうがないよね。キャハハハハ」
はてなくんI「あーそうだね!しょうがないしょうがない。いつものことだし。ハハハハハ」

posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | 議論・揉め事 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。