2010年04月23日

若者のドラゴンクエスト離れ

上の話を読んでいて思ったのは、恐らく今の10代にとってドラクエは(昔に比べて)そこまで影響力を持たなくなったんじゃないの?ということ。とりあえずすぐに思いつく理由は二つ。

一つはRPGというジャンルそのものついて。(初代)ドラクエは日本人にRPGという存在自体を広めたエポックメイキングなソフトだけど、今の10代にとってはRPGなんて「生まれたときから存在するもの」だ。ドラクエはシリーズが進むごとに新作のリリース間隔が非常に長くなっていって、「RPGというジャンルへのファーストコンタクトがドラクエシリーズ」なんて人間の方が多分少なくなっている。

人間は最初に出会ったものとか、子供・青春の頃に熱中したものを非常に美化したがるから、一定の世代以上にとってドラクエの存在は非常に大きくなっているはず。でも今の10代は「生まれた頃からRPGというジャンルが確立していて、しかもライバルも山のようにいる」状態で育ってきている。もちろんいったん発売されればお祭り騒ぎになるぐらいの知名度なので、プレイしている可能性は高いだろうけど、直撃世代と同じほどの執着や愛着を持てるとはちょっと考えられない。ドラクエはあくまで「RPGの中の選択肢の一つ」ぐらいにドライに考えていても、全然不思議はないように思える。

もう一つも世代的な話になるけど、そもそも(今の10代は)「ドラクエの洗礼をどれだけ受けられたのか?」ということ。上でもちょっと触れたけど、ドラクエはある時期から開発期間が異常に長くなり始め、「ハード1世代の寿命を使い切って新作1本」という"超大作ゲーム"になってしまった。いくらゲーム自体の出来が良くても、直撃世代のように「成長や進学と寄り添うようにドラクエが発売されてた」みたいな状態とはまったくわけが違う。

「具体的にどれほど違うのか?」をまとめたのが以下の表。今回話題になった1991年生まれの19歳が世代的に(さすがに1995年発売のドラクエ6は無理だろうから)小学3年生でドラクエ7と初対面しているので、同じように小学3年生で初代ドラクエが発売された1977年生まれを「直撃世代」と仮定して比較してみた。

学年1991年生まれ直撃世代
小学3年生ドラクエ7(2000/8)ドラクエ1(1986/5)
ドラクエ2(1987/1)
小学4年生-ドラクエ3(1988/2)
小学5年生--
小学6年生-ドラクエ4(1990/2)
中学1年生ドラクエ8(2004/11)-
中学2年生--
中学3年生-ドラクエ5(1992/9)
高校1年生--
高校2年生--
高校3年生ドラクエ9(2009/7)ドラクエ6(1995/12)

見ての通り、1991年生まれは高校3年までに3作しかリリースされていないが、直撃世代は6作と2倍もの差が出ている。しかも(多少誕生年がずれたとしても)直撃世代が小学生時代をドラクエと共に過ごしているのに比べ、1991年生まれは最初が小学3年、次が中1年、最後が高校3年と、シリーズとして熱中し続けるにはあまりにも空白の期間が長い。もちろん旧作のリメイク作やスピンアウト作品は間に何本も出ているけど、ナンバリングシリーズの新作ほど盛り上がらないのは説明しなくても大概の人がわかっていることだろう。

要するに「ドラクエは自分にとって非常に特別」と感じるような下地は昔に比べればずいぶん減っていて、それによって(販売本数や商売・流通的な話を抜きで考えれば)ドラクエの若者への(心理的な)影響力が落ちていた。結果として「クリエイター・堀井雄二」の知名度も低下したが、それは別に不思議なことでははなかったのでは、という話。もちろん世代間云々の話じゃなくて単に「面倒だから手を挙げなかった」という可能性もあるだろうけど、話としてはずれるからここでは触れない。

ちなみに記事のタイトルについて触れておくと、9の例を見てもわかるように(どの年代にどれほど売れてるかは不明だけど)本数的にはバカ売れしているので「若者の方から」離れているということは、恐らくない。(このページによると、9は大ヒットした3をも超える415万本以上も売れている。)ただし開発期間はシリーズ4〜5を境に急激に伸びているので、むしろ「ドラクエの方が若者から離れている」と言えるかもしれない。何せ8から9は発売期間が実質的に5年ほど空いていて、この時間は子供や若者にはあまりにも長い。

このペースだと「2〜3作プレイしていたら、いつの間にか(年を食って)若者じゃなくなってた」という意味での「若者離れ」になってしまいそうなので、もう少し開発ペースが上がって若者離れを防いで欲しいですね、というのをオチにしてとりあえずエントリを終了しておきたい。

タグ:ゲーム ネタ
posted by RPM at 12:00 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

「Apple信者」にその素晴らしさを熱く語られたときの平和で適当なかわし方

Apple製品ほど、はまっている人と興味がない人との温度差が激しいツールはないと言えるでしょう。

「マカー」というスラングでも有名ですが、はまっている人の中には、「Apple製品の素晴らしさをもっと広く伝えなければ!」という使命感を抱いて、ことあるごとに啓蒙活動に励もうとする“信者”が少なくありません。

その博愛の気持ちは尊いといえば尊いのですが、勧められる側がさほどAppleに興味がない場合は、どう対処していいのか困ります。今日も全国各地で、Apple信者の熱い勧誘を受けて、勧められる側が苦笑いを浮かべているという構図が繰り広げられていることでしょう。

Apple製品を持っていない側のあなたが、そういう災難にあったときはどう対処すればいいのか。信者の勧誘に対する平和で適当なかわし方を考えてみましょう。

「ジョブズ様」を否定するのは危険

程度の差こそあれ、Apple製品を熱く勧めたがる信者のみなさんは、「Apple社とCEOのジョブズ氏によってもたらされる新たな可能性」を信じ、そんなガジェットたちを人より早く使いこなせていることに、ちょっぴり優越感を抱いていると言えるでしょう。どう見ても熱が入りすぎている人の中には、Apple製品に過大な望みを託して、いまいち不本意な現状から社会を大変革してくれる救世主のように見ているように思えるケースもあります。

いや、あくまで極端な例をあげているだけなので、「俺は違う!」とムキにならないでください。もちろん、私の周囲のApple好きのみなさんに対して、私がそういう目を向けているわけでもありません。

今後の人間関係を考慮した言い訳で話がそれましたが、Apple製品を熱く勧めてくる人にとって、Appleにはまっていることが誇りであることは確か。何はさておき、そこを見逃さないようにしましょう。

たとえば、最近iPhoneにはまっている同僚に、「お前も持ったほうがいいよ」と熱心に勧められたとします。素晴らしさを説かれても、いまいちピンと来ないからといって、

「うーん、よくわかんないなあ。みんながタッチパネルで画面がでかいだけで絶賛しあってるなんて、なんか気持ち悪い世界のようにも思えるけど」

「その直感的な操作?っていうのができても、未だに単体でワンセグすら見られないし、おサイフケータイ機能もないし、カメラもしょぼいんでしょ。なんか不便だよね」

などと、偉大なる「ジョブズ様」が決めた仕様を否定する言い方をしてしまうのは危険すぎます。

ムキになってさらに熱く語ってくるぐらいならまだしも、「ハァ〜」と深いため息をつきながら、救いがたい愚か者を見るような目を向けてくるかもしれません。

まあ、わかり合えなくてもべつにいいといえばいいんですけど、お互い、相手に悪い感情を抱くきっかけになるのは避けたいところです。向こうだって、今の時期たまたまAppleの発表会があってテンションが高かっただけかもしれず、けっして悪気があるわけじゃないし、人間として致命的な何かを失ってしまっているとまでは言い切れません。

一生懸命にAppleの魅力を語ってくれたら、たとえピンと来なくても、

「なるほど、そういうふうに日本の製品とまったく設計思想が違うっていうのも、ユニークな作りだね」

と、独自性に衝撃を受けたかのような反応をしておくのが、大人の包容力であり相手をそれなりに満足させるマナーです。

そういうふうに言えば喜ぶのはわかっていても、まるでその相手までホメるみたいで抵抗がある場合は、質問に逃げましょう。

「GoogleのAndroidとかとはどう違うの?」

と、ライバルの名前を持ち出してきて、Appleの優位性をさらに語らせるもよし、

「なんかネットに書くたびに、いちいち『革新的!』って言わなきゃいけないんでしょ?」

そんな歪んだ先入観丸出しの誤解をわざとぶつけて、ひとしきり説明させるもよし。

いずれにせよ、どうでもいいと思っている気持ちを覆い隠したまま、相手にそれなりの満足を覚えてもらうことができます。

はまりっぷりを批判するのはもっと危険

まったくApple製品に興味がないわけではなく、前にちょっと試しに触らせてもらったけど、操作方法がよくわからなくて困ってしまうケースも、けっこう多そうです。

そういう状態にあるあなたに、はまっている同僚が例によって軽い口調で、

「簡単なアプリですから、まあ直感的に操作してみてくださいよ」

(明らかに直感的に操作できてない自分。)

「プークスクス。おっと、失礼。ちょ〜〜っとだけ難しかったですかねぇ?」

とApple教、じゃなかった、革新的デバイス界における定番の「そんなことも即座に理解できないの?」的フレーズを発してきたとします。「ええ、普段使ってるのと操作形態がかなり違うんで……」と適当に納得したふりをして怒りを抑えるのはいいとして、つい勢いで、

「革新的(笑)で画期的(笑)で魔法のような(笑)信じられないデバイス(笑)はオレには何の迷いもなく(笑)使うことはできないようですね(笑)まあオレはガラケー(笑)使いなのでアーティスティックでクリエイティビティあふれる人間じゃないですし^^

などと全力で冷やかしてしまわないように気をつけましょう。はまっている人は、誇らしさの裏側に、多くは無自覚にですけど、

「自信がなくて偉大なるジョブズの幻影にすがっているだけのように見えるんじゃないか」

「友達のいない寂しさをデジタルガジェットで紛らわそうとしているように見えるんじゃないか」

といった不安を抱えています。何気ない皮肉が引き金になって、心の奥の地雷を踏んでしまいかねません。

そこまでややこしい話じゃなくても、はまりっぷりを感心するセリフの裏側に、

「よっぽどネット中毒なんだな」

「革新的な割にお前の生産性まったく上がってなくね?」

という本音の気配を勝手に察知してしまいがち。

なんせ日頃から感性を阻害しない道具を使っているだけに、相手の心の動きに対してもきっと敏感です。仮にカケラも思っていなかったとしても(カケラも思っていないケースは稀ですが)、相手はそう受け取るでしょう。

はまりっぷりに対しては、てきとうに、

「凄いなぁ。オレもちょっと欲しくなってきた」

とうらやましがっておくのが無難であり、相手に対する大人のやさしさ。単なるおためごかしではなく、そのセリフを聞いたときの相手の満足そうな表情を見ることで、大人としての深い喜びも味わえるでしょう。

Appleをきっかけに相手と仲良くなる方法

仮に、Appleの話題をきっかけに相手との距離を縮めたいなら、その場の口先だけではなく、次に顔を合わせたときに、

「あれから、iPhoneとか新型Macとか、店頭で気が済むまで触ってみたよ」

と具体的な実績を話せばバッチリです。

熱く勧めてきた相手が、上司だったり仲良くなりたい異性だったりした場合は、とりあえず勧められたとおりに触ってみて、Apple製品の魔力に魅せられたフリをしましょう。

「ちょっと慣れると本当に直感的ですねー。英語なまりで『ウァオ!ヤバい!革新的!!クレイジー!!スグレ技!!!』とつい口走ってしまいましたよ」

とまでリップサービスしておけば、さらに完璧。相手は信者ですので、絶賛なら少々の違和感は気にしないでしょうし、オチとして「でも『世界で使えて自宅が圏外』だと乗り換えはちょっと」とでも言っておけば、Apple社の責任ではなくなるので角が立たなくて済みます。

具体的な対処法を書いてきましたが、こっちは所詮一個人。iPhoneが彼らの理想通りに普及しないのはジョブズが悪いのではなく、わかってないガラケーキャリアの問題だということにして批判の矛先を変えておきましょう(ちなみに、不満のアウトソーシング先Twitterアカウントは「masason」です)。

この記事は、Twitter信者のかわし方の記事についたはてブコメントの「汎用性たけえ」「むしろマカー対策が必要」辺りのコメントを見ながら書かせていただきましたので、真には受けないように。そんなことを踏まえつつ、それぞれのニーズや好みに応じてまた主語を変えてお楽しみいただければよろしいかと思います。

次回も、引き続きAppleをテーマにしてみたいと思います。飲み会の席などで、声を掛けて欲しそうにこれ見よがしに新しいApple製品を取り出し始めた場合の対処法や、自分が別のスマートフォンを使ってるときに不毛な論争に巻き込まれたくない場合の振る舞い方について考えてみましょう。

■今回のマナー
「Apple信者」が抱える誇らしさと不安――その両方を見逃すべからず

posted by RPM at 12:00 | TrackBack(1) | BackLink | ネタ | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

「オタク」という言葉の使われ方一覧

「オタク」が「同じ言葉でも全然違う意味で使われている」というのは有名なので、まとめておくと便利だと思って作ったもの。ただし、あくまで(ネットの内外を問わず)自分の観測範囲内に入ってきたものをまとめたに過ぎないので、信用はしないように。

1. 特定の対象に執着し、のめり込む人間のこと

「特定の対象に大きなこだわりや執着を持ち、(個人としては)人並み外れた時間や予算を費やし、その対象についての多くの知識や経験を持つ者」を指す。「傾倒対象が何であるか」は全く問わない。したがって、企業によって作られた消費財かもしれないし、そうでないかもしれない。また趣味のように実益に全然結びつかないものかもしれないし、直接仕事に役に立っているかもしれない。場合によっては仕事そのものである可能性だってある。この定義の場合は「マニア」との違いは、恐らくほとんどない。

「趣味に傾倒する」と言い切ってしまえれば楽だが、実際は仕事の一部、あるいは仕事そのものでも「オタク」という呼称を使う場合もあるようで明確な区分はないように見える。ただし、単に「仕事である」とか「仕事の結果詳しくなった」というだけなら、学者・専門家・研究者・(技術的なものなら)職人などと呼ばれることがほとんどなので、使われるのは趣味が高じた、あるいは対象が一般的とは言い難いものに限られるなどの特定の傾向があるようには見受けられる。

備考

オタクの意味としてもっともメジャーなもの、その1。ネガティブ要素抜きで「オタク」あるいは「○○オタ」と呼称する場合、この意味を指していることが多い。ただ古典的すぎる故か、ネット上ではすでにあまり使われていないような印象がある。(ネットの場合は蔑称的な意味が付属していることが多いため。)

2. アニメ・ゲーム・漫画などのサブカルチャーを消費する人間のこと

「趣味としてアニメ・ゲーム・漫画のようなサブカルチャー(いわゆるオタク趣味)を消費する者」を指す。別にアニメやゲームでなくても、「(子供が対象と思われているような)権威や一般性のないもの」あるいは「成年が消費するとあまり考えられていないもの」ならこの範疇に入ることが多い。知識量や消費した時間・予算の大小はほとんど考慮されず、深い知識などはあってもなくても「オタク」でひとくくりにされる点が「1.」と大きく違う。(例えばTV放送されている無料のアニメを見ているだけの場合、時間もコストもほとんどかかっていない。)

やや大ざっぱな見方をすると、「すでに対象年齢(や性別)が外れた商品を(今なお)消費し続ける人間」に対する呼称と言えるかもしれない。具体例を挙げるとすると、「女児向けアニメを女児が見てもオタクにはならないが、成人男性が積極的に見ている時点でオタクになる」というような形。

備考

オタクの意味としてもっともメジャーなもの、その2。何らかの理由でオタクを自称する場合は、(少なくともネット上では)こちらの意味で使われていることが多いように見える。他称でも使われる頻度が高く、特にアニメとセットになっている「アニオタ(アニヲタ)」がオタクの典型例とされてるようだ。

ちなみに1.と明確に区別したい場合は、あえて「ぬるオタ」や「ライトオタク」などと別の呼称をして語っているのが観測される。明確な条件はわからないが、「2.の範疇に入る人間で、かつ作品や趣味に対する大した執着はない人間(つまり単に薄く浅く消費しているだけ)」辺りを指しているようだ。

3. 「1.」と「2.」のハイブリッドタイプ

「アニメやゲームなどのサブカルチャーに傾倒し、それに人並み外れた時間や予算を使う人間」のこと。上記のぬるオタやライトオタクではない(つまりそれから区別された)存在、ということになる。「ガチオタ」と呼ばれる場合もあるようだ。

備考

「一番狭義のオタク」になるかもしれない。恐らく「オタクをイメージせよ」と言われた場合、(外見を抜きにすれば)多くの人間が想像するステレオタイプなタイプ。未だに強いイメージとしてある「周囲が理解できないものに時間やお金をドバドバ使って物をため込む」というのは、この「オタク」から来ていると思われる。

4. 自称「オタク」

自称してアピールする場合のオタク。前述のぬるオタかもしれないし、ガチオタかもしれない。あるいは完全に無趣味で、オタクのように見える要素も皆無でありつつも、単に「一般人とはちょっと違う俺」アピールのためにそう主張しているだけかもしれない。定義は本人の中にしかないため、分類不可能。

5. 身だしなみや雰囲気がさえない、あるいはコミュニケーション下手な人間のこと

いわゆる「オタ(ク)ファッション」をしている者やコミュニケーション下手な者を指す。メディアによって作られた「典型的なオタク像」(わかりやすいオタファッション、対人恐怖症、趣味のことしか話せない、変な口調、社会不適合者 等)に合致するかどうかの問題で、それに近いほどオタクとして認定(呼称)されやすくなる。ほとんどが外見や仕草の問題であり、趣味や趣向はほとんど関係ないため、無趣味でもこの「オタク」になる可能性は十分にある。

主な使われ方は(外部から見た状態で)「あの人、オタクっぽい」など。

備考

ほぼ外部からしか呼称されないオタク。内面や行動的なものはほとんど考慮されず、外見か簡単な会話で「認定」される。要するに「ステレオタイプなオタクの外見(や仕草)に合致しているからオタク」ということになるだろう。多くの場合蔑称。

6. (観測者・発言者から見て)キモイ奴

もはやオタクのイメージがどうこうという話ではなく、単に「気持ち悪い(キモイ)奴をオタクと呼んでる」状態。すでに「バカ」や「死ね」と何ら変わらない罵倒語として機能しているのみ。別のバリエーションとして「キモオタ」、類似語としては「キモメン」など。

備考

5.が蔑称としてより先鋭化した言葉、と言えるかもしれない。ネガティブ要素のみを拡大させた単なる罵倒語だが、ネットだと場所によっては頻繁に使われる。

7. 金づる

マーケティング対象として呼称される場合の「オタク」のこと。「趣味やこだわりに可処分所得や時間の多くを費やすことに抵抗がない層」と定義されてイノベータの言い換えとして使われたり、アニメや2次元美少女キャラを使った村おこし・町おこしのダシに使われたり、パッケージに2次元美少女キャラがプリントしてある商品があったら即買いする層とされたりと、実情は様々。ただいずれにしても「お客様」という区分であるため、(実際の心情はともかく)ネガティブな意味合いはない。

備考

財布というか金目当て。「オタクは金を落とすことにこそ価値がある」という非常にわかりやすい割り切りで、消費が伸び悩む昨今の日本で注目を集めつつあるようだ。「要は、お金があるんでしょ?」

8. 岡田斗司夫

いつまでもデブじゃない人。オタ界の王との噂だが真偽不明。国民はすでに死んでいるとの指摘も。自分の目で確かめてみよう

posted by RPM at 00:31 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。