2008年08月08日

IE6+positionプロパティの注意点

「position: absolute」を使うために上位要素に「position: relative」を設定する場合、その要素には必ず横幅(width)を設定した方がいい。そうしないとIE6でいくつものバグに悩まされることになる。

マークアップの関係上横幅を設定できないなら、(美しくなくても)もう一回divか何かで囲って横幅を設定しよう。少なくともバグと正面からつきあうよりかはそっちの方がずっと楽。以下私が体験したIE6+positionプロパティでのバグ。

  • ブロック要素の背景色が消える
  • ブロック要素の背景画像が消える
  • 指定していないところにposition: absoluteで固定した要素がレンダリングされる

以上全てIE6の標準モード。IE7では起こらない。

posted by RPM at 01:55 | TrackBack(0) | BackLink | Web制作 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。