2008年12月26日

「株式会社はてな」の名前を日本中に知らしめる10の手順

「誰もはてなを知らないんですよ。かろうじて人力検索を知っている人がいるくらい。街でたまたまはてなユーザーに会う、なんてことはあり得ない」

近藤社長「未熟だったと思う」 はてなが目指す“脱IT系” (1/2) - ITmedia News

飛躍的に知名度を上げるいい方法があるよ!

1. 上場する

とにかく上場しないと話にならないのでする。「上場よりも、早く成長への糸口をつかみたい」とかごちゃごちゃ言ってるけど、要は、勇気がないんでしょ?

2. 東京に戻る

東京に戻り、本社を六本木ヒルズに移転させる。当然社長自らヒルズに住む必要がある。後にここが非常に重要な舞台になる。

3. dankogaiをCTOに招き入れる

どの時点でもかまわないので雇って役員にしておく。退職後にTVで大活躍してもらうため。

4. プロ野球球団買収を打診する

どこでもいいので球団買収を持ちかける。実際に買う必要はなく、とにかく騒動を起こして知名度を上げるのが目的。むしろ実際に買うと負担になるだけなので、自身は当て馬となり買収競争をした後、負けるのが望ましい。

もちろんこの時に「頭の固い老害オーナーども」vs「若者の希望!頭のキレる青年実業家」という対立構造を煽り、「民意」を味方に付けるのを忘れてはいけない。念のため事前にラフな格好で応援に行き、カメラに写ることも必要。

5. ラジオ局買収を画策する

TV局買収の足がかりとして、ラジオ局を買収するため株の買い付けをおこなう。実際に買収できるのが望ましいが、駄目なら駄目でTV局の方に吹っかけて株を買い取らせればいい。当然この行為でも注目を集められるため、一石二鳥となる。

できればこの辺りで決め台詞を作り(「予定の範囲内」とか)、さらに立ち振る舞いに気をつけて、キャラ作りに励んだ方がいい。「稼ぐが勝ち」「金があればどうにでもなる」などとなるべく拝金主義を前面に打ち出すのがポイント。

6. 選挙に出る

衆院選に出馬する。自民党から出るのかと思わせつつ、無所属なのが通の仕事。ここでも「改革」を前面に打ち出して「vs老害」を演出する。現職の自民党議員から「我が弟です!息子です!」と言わせるまでが選挙です。

ただあくまで知名度作りのためなので、当選する必要は別にない。負けて社長を続けないと意味がない。もし当選してしまえば、今までの伏線がすべて無駄になる。

7. 経団連に入る

根回しとパワーゲームとマネーゲームでつつがなく経団連に入る。企業としてはこの辺りが絶頂期。

8. 回る

CMに出るのも社長の重要な仕事。

9. 逮捕される

「風説の流布」とかいう聞いたこともないような罪状で逮捕されるとインパクト大。六本木ヒルズに押しかける大量の報道陣と、ヘリまで出動させる生放送は、いくら金を出しても他社には真似できない知名度を生み出す。その後も連日ニュースで会社の名前が報道されるため、相当継続的な効果が見込まれる。

また、事前にやっておいたイメージ戦略(拝金主義)がここで実を結び、寄ってたかって「拝金主義者死ね」「金がすべてのクズ野郎」「虚業企業」などと呼ばれるのが見所。報道に拍車がかかり、なんと無料で新聞・TV・雑誌があること無いことをブロードキャストしてくれる。さらにdankogaiがTVに出演しまくって、色々と語りまくるのも見逃せないポイントになるだろう。

ちなみに事前の強制捜査で市場に大混乱を与えるとこれ以上ない知名度アップになるが、すでに世界的な大暴落になっているので望み薄かもしれない。

10. アメブロでBlogを始める

法廷闘争になったら頃合いを見計らってアメブロでBlogを始める。はてなダイアリーでもlivedoorブログでもだめ。タイトルは「シリコンバレーで働いていた元社長のアメブロ」辺りがいいかもしれない。


これだけやれば、京都駅でも東京駅でも企業名を聞いた人ほぼ全員が「知ってる」というようになるはず。jkondo社長は一刻も早く真似される前に計画に着手すべき。

posted by RPM at 05:01 | TrackBack(0) | BackLink | はてな関連 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。