2009年01月09日

「観測範囲が狭すぎ。頭蓋骨の中身がお気の毒なのを披露しているな」

ホッテントリや有名ダイアリー*1だけを見てはてな全体を語るのは、言ってみれば「東京都心のオフィス街」だけを見て日本全体が「ビルばっかりだ!」と語ってしまうのと大した違いはない。確かに東京は日本の首都で経済の中心でもあるわけだから、目立つ(目に付く)のは当然。(海外を含め)人によっては「日本=東京」みたいな印象を持っている人もいるかもしれない。

ただまともに考えれば都心のオフィス街はそこにしか存在せず、地方どころか東京のすべてで高層ビル群が建ち並んでいるわけじゃないことは容易にわかる。日本のシンボルとして東京が連想されたとしても、その東京(の一部)が「日本」という対象を語るときの範囲として不十分なのは当たり前。語るならあくまでみてきた範囲か、せいぜい「東京都心」ぐらいのくくりじゃなければ的外れな話になるのは避けられないだろう。結果として「一部の目立つところだけを見て印象論で物事を語る人」と判断されて、「(その対象を語るには)観測範囲が狭すぎ」と突っ込まれても別におかしいとは思えない。

はてなだって同じことで、ホッテントリに入ったり目立つダイアリーは全体の極々一部。TopHatenarを見ればどれだけ大量の「はてブも付かず、RSSリーダーでも読まれてないダイアリー」があるかわかる。*2もし目立つ人だけでダイアリーが運営されているなら、その利用者は多くても数百人というとんでも無く規模が小さいサービスになってしまう。

要するに結論としては

  • 単純に目立つ部分だけを観測して、全体もそうなっていると思いこんでいる*3

から「観測範囲」という単語が出てくる、というだけの話だと思うけど。

*1:はてなダイアリーを使っているアルファブロガーなど。

*2:実際に稼働していないものも大量にあるだろうけど。

*3:結果として「はてなは〜」みたいなエントリが書き上がる。

タグ:はてな blog web
posted by RPM at 23:41 | TrackBack(0) | BackLink | Web文化・芸能 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。