2009年04月25日

「要は、勇気がないんでしょ?」で終わる草なぎ剛

ほんのちょっと前の話。今よりも僕はずっとずっと「いいひと」ぶるのが好きで、仕事上キャラを作らざるを得なかったのです。
でまぁ、当時も今と変わらず草食系で、
某友人と飲みながら「もう疲れた、だからアイドルグループは嫌いなんだ」と愚痴言ってたのです。
赤坂で。

したらまた、この友人が「じゃあ、わかった」と言うのです。「今から全裸になろう」と。
全裸なんか外でしたことない僕は焦りました。「いや、ちょっと待って」とあわてます。
でも友人は、少し遠くで何かの撮影をしている2人組のカメラクルーを指さし、「あそこ行って一緒に脱ごうぜ」と言い、席を立ちます。
僕は「いや、向こうも迷惑だし」とか「さすがに生放送はまずいでしょ」とか言って止めます。
友人は「嫌がられたら(少し謹慎したあと)戻ってくればいいんだよ」と言ってましたが、僕が動こうとしないので行くのをやめました。

「じゃあ、店出て、外歩いているその辺の人に全裸ダイブするか?」と友人は言います。
「逆にそっちの方が難易度高いだろ」と僕は顔をしかめます。
「でもいい人キャラが嫌なんだろ? だったら壊すしかないだろ」と友人は口調を強めます。
「そうだけど、もっと普通に変わりたいっていうか」と僕。
「なに、普通って?」
「ドラマで総理大臣やるとか、映画で猿を演じるとか、そういう…」とハッキリ言えない自分。
「じゃあ、オレが今からSMAPに加入してきて、それでお前に全裸指南したらいいか? それなら同等の扱いだよな」という友人。
「それは…、だけど、ほら、お前もこの前言ってたじゃん。『「ぷっ」すまなんか二度と出るか ぶぁーかっ!!』とか」
「は?」
「その…」
「…『出ない』じゃねぇよ。『俺が終わらせてやる!!伝説作ってやるよ!!』」
「あ、そうだったね。…でも僕、ノリが良すぎるの、少し苦手だし。そこまでして別キャラになりたいってわけでもないし…」

友人はオレの顔をじっと見つめながら、一言、
「だせぇ」
と言いました。

ごちゃごちゃ言ってるけど、勇気がないだけじゃん

彼は言います。言い訳をして、さも「こういう事情なんだ、だからしょうがないんだ」って言うけれど、
勇気がない自分を必死になって正当化してるだけじゃん、と。
全裸になる勇気もないやつが、「これは真の俺じゃない」とか言うんじゃない。

俺は撮影に行けば「これをやったら次回出られなくなるんじゃないか」なんて考えない。なぜなら「視聴者が最後に見た江頭が手抜きの江頭だったら申し訳ないだろ?」って思ってるし、
目の前で悲しんでいる人がいたら「何とかして笑わせたい。そのためなら警察につかまってもいいし、寿命が縮まってもいい」と思ってるし、
レギュラー取って安定した生活を狙えって言われても「1クールのレギュラーよりも1回の伝説」ってモットーは捨てられない。
だからお前は「自分には『爽やか愛され草食系キャラ』を捨てる勇気がないんです」って素直に認めて文句言うんじゃねぇよ。
そっちの方が、よっぽど何かってときに力になりたいってと思うし、
つーか、できない理由並べて、今の自分を否定させずに、わかってもらおうとするその魂胆がだせぇ、と。

「……わかった。僕、勇気を出すよ!足りないのは勇気だったのか!そうだ!勇気も出さずに、自分をわかってもらおうとするのが間違っていた!!勇気があればどうにでもなる!!!」
「良く言った!今日はとことん飲んで勢い付けるぞ!!さあ飲め!!!」
その後の記憶はほとんど残ってない。

〜翌日〜

あれは恥ずかしかったなー。すげぇ。恥ずかしかった。
その場は言い訳もできず勢いで「シンゴー!シンゴー!」ってごまかしたけど、家に帰ったらメンバーの顔とセリフが思い浮かんで、
布団の中で「つまらない常識など 潰せると思ってた」と必死に言い訳考えてた。
僕には僕の事情があるんだ、しょうがねぇじゃんかよって。自分たちの「夜空ノムコウ」聞きながら(笑)

ひとしきり考えたら、そんな自分を「だせぇ」って思った。

タグ:ネタ 一般
posted by RPM at 18:15 | TrackBack(0) | BackLink | ネタ | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。