2009年05月27日

新型インフルエンザ発生時の「正しい」行動一覧

一般人

TypeA

「実際にインフルエンザ予防に効果があるか」は別として、近隣地域に発病者が発生した場合はマスクを購入し、着用する。マスクを着用することによって「自分はインフルエンザ予防に関心があり、万が一発病した場合にも他人にうつす気がない」ことを周りにアピールする。

TypeB

「実際にインフルエンザ予防に効果があるか」は別として、観測範囲にマスク着用者が多いかどうかで着用の有無を判断する。危険度の判断は周囲に任せ、なるべく空気を読んで「不自然ではないこと」を前提に行動する。

行動原理は「なるべく長いものに巻かれろ」であり、みんながやっているかどうかが絶対的な判断基準になる。従って「みんながマスクをしているので、自分もマスクをする」から変化するのも早く、日本人より大きな母集団を見つけて「(他の国の人はマスクをしていないのに)日本人だけマスクをしている。お前らはおかしい。ヒステリックだ」に鞍替えするのも珍しくはない。

TypeC

「自分は絶対にインフルエンザにはかからない」という前提に基づいて行動する。マスクの購入・着用者を「情弱www」と罵り、馬鹿にする。自分は絶対に発病せずウィルスをばらまくこともないため、当然マスクを購入したりする必要はない。

発病する奴は自己責任であり、発病させるような行動を容認したり促したりした所属組織*1は大問題なので「なぜ○○へ行かせたのか(させたのか)」「社会的な不安を与えた責任を取れ」と謝罪を迫る。当然謝罪しても許さない。

企業・団体

一般企業A

「実際にインフルエンザ予防に効果があるか」は別として、リスクマネジメントとして社員にマスクの着用や体温の測定を義務づける。インフルエンザ対策をおこなうことによって「会社ならびに役員はインフルエンザ予防に関心があり、対策もおこなっているため危機管理能力は十分である」ことを周りにアピールする。万が一社員に発病者が発生した場合にも、「万全の対策をおこなっていたが、それでも防ぎきれなかった」とマスコミ・社会・周囲に納得させる手段として利用する。

一般企業B

会社としては何もしないが、いちおう社員には「新型インフルエンザには気をつけておけよ」と忠告する。社員は空気を読んでマスクを着用したり、しなかったりする。発病者が発生した場合の対処マニュアルは特に存在しないため、発生しないことを祈りつつ普段の業務をこなす。

一般企業C

新型インフルエンザはまったく関係がない話だ、という前提に基づいて業務をおこなう。社員は空気を読んでマスクの着用はしない。発病者は発生しないため、そもそも対処マニュアルは必要がない。

学校・大学

「生徒と地域の安全・安心」を第一に考え、発病者が発生した地域では休校等の対処をおこなう。暇をもてあました生徒は特にインフルエンザ対策をすることなく、外でたむろして遊ぶ。

万が一学校内で発病者が発生した場合、責任者は祟りか天狗の仕業だと自分に言い聞かせ、平身低頭で「社会にご迷惑をおかけしたこと」を謝罪する。

マスコミ

国内外の確認できた発病者数を事細かに報道する。国内での発病者は名前こそ公表しないものの、なるべく細かく・正確に所属組織や発病前の行動をブロードキャストする。視聴者に「わかりやすい」情報を届けるため、なるべく「歯切れのよい」専門家を呼ぶ。

発病者が発生した場合、その組織がおこなう記者会見に参加し「発病者の詳細な行動」や「組織・個人としてのインフルエンザ対策の有無」、「『社会的な影響』を考えた上での今後の対応」を詳細に取材する。(少なくとも画面に映る)レポーターは様々なリスクを考慮し、当然マスクの着用をおこなう。

大手通販企業

マスクが飛ぶように売れるので、「社会貢献」として活用する。「商売はタイミングが命!!」「仕入れれば売れます!レディースファッションの店でもガンガン売れてます!!」と加盟店に社会貢献に参加するよう促す。

これによりマスクの供給の偏りが是正され、開業医で作る団体からはマスクがなくなり「適正な価格」で「適正なところ」にマスクが供給される。また、ごく一部の店舗の不況対策にも役立つ。

国・厚生労働省

「献体を検査しなければ新型は発生しない」という原則に基づいて行動し、ごく一部の例外を除いては「関西圏での封じ込めに成功」する。残りは「比較的安全な季節性のインフルエンザ」なので、大量に患者が発生した場合でも医療崩壊が防ぐことができ、先進国のメンツも潰れない。医者・医療機関は空気と検査キットの在庫を読み、患者を「適切」に診断する。

*1:学校や企業

タグ:社会 時事
posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする


※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。