2009年06月17日

ゲームソフトのDL専売化はユーザや市場にどんな悪影響を及ぼすか

PSP Goのソフトがダウンロード販売専用と発表されて「これでソフトが安くなる!!」とか「小売店なんて不要だろwwさっさと店じまいしろよwww」という反応が結構あるようなので、反対意見をいくつか。*1

本当に安くなるかはわからない

流通コストや中間マージン、メディアコスト等が減る(ことが見込まれる)のは事実としても、実際にそれが価格にどれほど反映されるかどうかは不明。メディア版とダウンロード版が同時に提供されるなら、恐らく値段の差は明確に付けてくるはずなので「ユーザが支払う値段」に直結するが、最初からダウンロード版しか用意されないなら安くなっているのかどうかをユーザが確かめるすべはない。

メーカとしては減ったコストを単純に「利幅を多く取る」や「開発コストを増やす*2」という方向性に持っていってもいいわけで、価格付けの権利がないユーザが手放しで喜ぶようなメリットではないだろう。

値引きやセールがなくなる

ゲームソフトは娯楽品としては定価が(本などに比べ)比較的高い部類に入るが、実際にみんなが定価で買っていたかといえばそんなことはない。利用する店にもよるが、通販だろうが店頭だろうが大概は数%〜数十%の値引きがおこなわれている。これには以下の二つの理由がある。

価格競争のため

特典などを除けば同じ商品をどこで買っても何の違いもないのがゲームソフトなのだから、競争するとしたら基本的に「価格」しかない。実店舗でもそれなりの競争はあるだろうし、価格の比較が瞬時にできるWebならさらに競争が激しい。買ってもらう確率を上げるには値段を下げるのが一番手っ取り早いので、しょうがなく店は定価から値段を下げてソフトを売っている。

これは視点を少し変えれば「小売店は自分たちの利益を削って客を呼び込んでいる」ということになる。もちろん店としては利幅が大きいに越したことはないが、よそで買われると利益がゼロ*3になるので競争に打ち勝つために値段を下げているだけにすぎない。

販売システムによる在庫のため

ゲームの流通・販売システムには基本的に返品システムが存在しない。*4仕入れ・発注は小売りが自己責任でおこない、ゲームソフトは買取の形で店の在庫となる。つまり売れ筋を読み違えて販売数と仕入れ数がかけ離れてしまうと、あっという間に在庫の山となってしまう。*5メーカとしてはソフトを問屋や流通に卸すまでが仕事なので、店舗で売れ残っても(まったくではないが)そんなに大きな問題はない。要するにメーカが直接的に商売をしているのはユーザではなく、問屋や小売店ということだ。

前述の通り小売りはソフトをメーカに返品できないので、店は商売をするために在庫リスクを承知のうえで半ばバクチのような形で「なるべく売れそうなソフト」を仕入れることになる。しかも、ゲームという商品は一般的な傾向として「発売日直後に販売のピークが存在し、その後は急速に右肩下がりで需要が落ちていく」という特徴がある*6ので、時間が経てば経つほど在庫処理が難しくなっていく。その後に待っているのは、少しでも元を取るために当然赤字覚悟でおこなう恒例の「ワゴンセール」である。

新作はともかく、ユーザがワゴンセールなどで安くソフトを購入できるのは、「小売りや問屋がリスクを負ってるから」に他ならない。メーカはすでにソフトを卸しているので関係ないし、ユーザは(場合によっては)仕入れ値以下でソフトを買えるというメリットを享受してるわけで、このシステムでわりを食ってる比率が大きいのは問屋や小売店といえるだろう。*7

ダウンロード販売は値段を下げる必要はない

ダウンロード販売のみになった場合、商品(データ)の流通は直営ストア→ユーザのみで完結するので、当然小売り間の価格競争は発生しない。在庫という概念も存在しないので、値引きやワゴンセールで売り切る必要もない。要するに値段は価格改定以外では下がりようがないし、実際に下げる必要もない。基本的にゲームは「いつ買っても定価」という存在に変わる。

「(時期を問わず)安い店で注文したり予約する」や「発売から時間が経ったゲームを安く買う」というのは(販売店はともかく)ユーザにそれなりに大きな金銭的メリットを与えていたと思うが、それがなくなるのはデメリットには間違いない。クソゲーや供給過多のゲームを安価で買って楽しむ、ということもできなくなる。

個人が利用できるゲームソフト売買市場の消滅

パッケージがなくなってしまうのだから、(個人間でも)ソフトの売買が当然できなくなる。メーカとしては嬉しいところだろうが、ユーザとしては不要ソフトを売ってお金にすることはできなくなるし、買うときも中古と新品を選んで買うということができなくなる。ユーザは単純に選択肢が狭まるし、中古市場で起こっていた金の流れがごっそりなくなる分、市場の規模は恐らく小さくなるだろう。

販売店がおこなっていた中古売買では確かにメーカには直接的な利益は入っていなかったが、そもそも店は商品がなければ商売ができない関係上、その利益で新品ソフトの仕入れもおこなっていたと考えるのが自然。逆に中古売買の利益があったからこそ、新品の仕入れができていた・増やせていた側面もあったはず。*8この辺りを無視して中古販売のデメリットのみを唱えても、あまり説得力はない。

ブロードバンド環境がなければ買えない

言うまでもないがネット環境がなければ話にならないし、細い回線で買うのも非現実的。まあ現在では問題になる人・家もあまり多くはないかもしれないものの、販売ルートがネット通販のみになるので「買える層(ターゲット層)」も自然と絞られてしまうのは間違いない。

出荷本数ではなく、実売で売り上げが決まるようになる

これはメーカ側のデメリット。

繰り返すがメーカが直接取引をしているのは問屋・流通なので、一度流通に商品を売ってしまえばそこでメーカ側の売り上げは決まる。ソフト自体の出来が残念で実売数が振るわなくても、宣伝や広報に金をかけて発売前に大量に受注できれば(とりあえず短期的には)メーカの目標は達成できる。

実際に実売数と流通数に大きなギャップがあるソフト*9は発売後に急激に値段が下がることがあるが、これはメーカから見れば「実売以上に商品がさばけた状態」を表している。これはネット専売になった場合の「実売=売り上げ」では起こりえない状態である。

中間業者がユーザにとって無駄とは限らない

メーカ直売ではなく流通や小売りを通すということは、当然中間業者・マージンが存在するということになる。これは一見エンドユーザからはただの無駄に見えるが、上記のとおりにメリットになっている点もそれなりに存在する。

ユーザはなるべくクソゲーをつかまないように努力するが、それは小売店もまったく同じだろう。むしろある程度まとまった数を仕入れないと商売にならない分、リスクとしては店側の方がずっと大きい。ユーザとしては近場の店からネット通販まで好きな店を選べるし、店舗間の競争を利用して値引率の高いところで購入したり、店側の予想(発注)ミスを利用して場合によっては仕入れ値よりも安くソフトを購入できたりもする。

ダウンロード販売自体のメリットは当然あるものの、それだけを見て「バラ色の未来が!」と考えるのはちょっと短絡的すぎるんじゃなかろうか。

*1:メリットについては上のリンク先で出尽くしてる感があるので、このエントリでは触れない。

*2:「開発コストを回収しやすくする」と言った方が正しいかもしれないが。

*3:お金をかけて仕入れているのだから、正確にはマイナス。

*4:今は亡きデジキューブでは返品システムが存在した。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

*5:ゲーム屋さん的クソゲーオブザここ数年 - http://ameblo.jp/oosakaking/entry-10210129792.html

*6:DSの脳トレやマリオのように例外も存在する。

*7:ただし例外もあって、メーカが損する場合もある。http://blog.goo.ne.jp/enjoythegame/e/ef743b4e511b1cd6929644cd636113f5

*8:前述のとおりメーカは「出荷した時点」で商売が完了するため、中古の市場で回っている商品は一度メーカが出荷して「利益が確定した商品」だけ。

*9:つまり小売店から見れば「予想が外れて売れなかったソフト」

posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。