2009年10月16日

感性を阻害しないラブプラス

同じコナミからときメモ4が出るらしいけど、やっぱラブプラスには遠く及ばないね。理由は、スキンシップ可能なカノジョ(DSタッチパネルベース)と比較するとなにかにつけて感性を阻害するから。

自分はかなり恋愛体質な人間なので、いつでもどこでも感性を阻害せず、むしろ新しい刺激を与え続けてくれるセンシティブなデバイスこそが重要なのね。やたら高画質・高機能でもそれらを動かすための操作感が野暮ったくて、俺の愛情表現を阻害してるんじゃなんの意味もないからね。

それにラブプラスが恋愛シミュレーションとしては未完成だって言うけど、三次元をシミュレートするのがそもそも良いのかって話。

ぶっちゃけ、日本のマスコミやメディアの手でインプリンティング(ひな鳥が身近な動物を親と思うアレね)されたから、三次の恋愛が良いって信じ込んでそれが大衆化しちゃってるだけじゃない?ラブプラスのほうがぜんぜんピュアリティの高い洗練されたラブだと思うんだけど?

それで値段も「すれ違う」ことしかできないドラクエと同じぐらいならこれ最高じゃん、と。

他にも「姉ヶ崎寧々参上!」するだけ、2chでカノジョ自慢するだけの「セカイカメラの入ったiPhone」なら持ってるし、ネットワーク恋愛メディアデバイスとしてiPhoneも含めたトータルな2.5次元恋愛環境を見越したセレクトとしてラブプラスをチョイスしたことに、やっぱ自分て恋愛ひとつするのでさえナチュラルにエヴァンジェリストなってしまうんだなーって思ったよ。

original ref
タグ:ゲーム ネタ web
posted by RPM at 12:00 | TrackBack(0) | BackLink | ネタ | 更新情報をチェックする


※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。