2010年04月13日

「読書感想文を書くのが苦手すぎて死ぬ」関連

知り合いとの話の中で「子供の頃の読書感想文で死ぬほど苦労した。今でも書ける気がしない」みたいな会話の流れになって、それが面白かったのでメモ。

「本が面白くない時点で死ぬ」問題

(真面目に)書くためにはまず本を読まないといけないが、これはそもそも「感想文を書く」ために読んでるのでその時点で苦痛。任意の本を選べる場合はいいが、「指定図書の中から選べ」という形になるとタイトルと作者名だけを頼りに読む本を選定することになり、それが運悪く(本人にとって)つまらないとなるともう絶望的。作品として執筆年、あるいは時代設定が変に古いものが多く、「子供心に読んでも感情移入どころか意味不明に感じることが多かった」という話も出てきた。

脱線して「なぜ子供の頃読むと(名作と呼ばれるようなものでも)つまらないと感じることが多いのか」という話になったが、単純に「子供なので知識量もボキャブラリーも少なく文章を理解しにくい」というのが一つ。それとは別に「(人生の)経験量が少ないので感情移入のきっかけになるトリガの量が少なく、内容のシチュエーションを自分に投影しにくい。従って読み進めても何も感じず、何が『面白い』のかよくわからないまま終わるのでは」みたいな話が出てきた。この部分の裏を返せば、よく言われる「年を取ると涙もろくなる(=感情が揺さぶられやすくなる)」というのも「(年を取ると)経験が増えて感情移入トリガが増えるのが原因じゃないか」みたいな考え方もできそうな感じだが、あくまで脱線部分なので以下略。

「字数ノルマが達成できない」問題

基本的に感想と言えば「面白い」とか「つまらない」ぐらいで十分で、そもそも大したものは求められない。たとえばネット上にはアニメや漫画なんかの様々な「感想(ページ)」がアップされているが、画像キャプチャやスラングを交えつつも大概「(ここが)面白かった」「次回にも期待」程度で読書感想文のようなものはほとんどない。字数が多くなるのはもっぱら「批評」や「分析」や「レビュー」、「(作品を元にした)自分語り」あるいは「書評」などで、広義には感想かも知れないがあまり同一の扱いはされていない。

読書感想文に話を戻すと、当然「感想文」なので感想のみを書きたくなるが、それだけだと字数ノルマに全く届かない。「面白かった」(あるいは「つまらなかった」)では原稿用紙が白すぎるため、何とかあらすじで字数を稼いだうえ、最後の方に申し訳ない程度に感想を書く……というテンプレ的行動に走るしかなくなる。もちろんこれは「感想文」としては残念な出来という評価になり、頭をひねって苦労した割には報われないという形になってしまう。要するに「ただの感想を書く」という点から見ると、「原稿用紙最低○枚」などと設定された課題はバランスを欠いている。

とはいえ今から考えればわかるが、読書感想文は(少なくとも高評価をされるには)「愚直に作品の感想を書くもの」ではない。恐らく明確な定義はないだろうが、個人的には「本を読んで受けた自分への好影響の発表(例:感動した、考えさせられた、自分の未熟さを再認識させられた 等)とそれによる今後のスローガンの作成(例:主人公の勇気を見習いたい、努力は報われるんだと思いました、○○のようにはなりたくないと感じました 等)」辺りではないかと思っている。つまり「感想を書く」というものがあくまで建前だと見抜き、実際の「書籍をダシにして『本を読んで成長した生徒』を演じる美辞麗句な文章を適切に構成できるか」を子供ながらに見抜けるかどうかが、読書感想文作成の難易度を左右するということになる。

さらにひねった考えをすれば「感想を書け」という無味乾燥とした課題の行間を読み、明確に提示されない「(出題の)本音」を察すること自体が読書感想文作成の目的の一つである……と考えたら面白いかもしれないが、さすがに脱線のしすぎなので以下略。

「真面目に書く奴がアホ」問題

  • どうせ採点する教師は本を読んでないんだから、前書きと後書きだけ読んで適当に書けよ
  • (評価を気にせず)あらすじを書けばいいじゃん
  • 今の時代はコピペできる感想文が用意されてるよ!!

なるほど、正しい。確かにその通りだ。だがそれは「夏休みの宿題は回答がセットになってるから写せばいいだろ」みたいな話であって、テーマに沿っているとは言い難い。そもそもそういう手段を執るなら最初から苦労してないわけで、この話自体が存在していなかった可能性があるじゃないか、な。

タグ:一般 社会
posted by RPM at 01:10 | TrackBack(0) | BackLink | 一般 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。