2012年05月11日

もし現役首長が「知り合いのスーパーハカーが黙ってないぞ」と言いだしたら

上記の件でまず面白いのは、セキュリティというかプライバシーの問題なのにそれに市長が二重の意味で気がついてないという点。ひとつ目は「貸し出し記録は個人情報だと思ってない」というところで、それは以下のように語っていることからもすぐわかる。

これ個人情報だって名の下にね、全部廃棄してたんですよ。なんで本をね、借りるのが個人情報なのか、って僕なんか思いますので

(中略)僕はもう、元々、何を借りたかっていうのは、なんでこれが個人情報だ!って思ってる

高木浩光@自宅の日記 - 武雄市長、会見で怒り露に「なんでこれが個人情報なんだ!」と吐き捨て

ふたつ目は「プライバシー問題で突っ込まれた」ということ自体に気がついてないという点で、当人としてはどうも「産総研という国の手先から地方行政改革潰しを仕掛けられた」と思い込んでるようだ。これは以下の発言あたりがわかりやすい。

また次のような的外れな要求をしてしまうのも、プライバシー(セキュリティ)の問題だと根本的にわかってないからだろう。

これに関しては「専門外のことは語れない」「脅迫されている」と真っ当な理由で断られているのだが、もちろん理解できず“逃げた”と言いだしてそのまま勝利宣言。端から見れば愉快な人状態がなおさら際立ってしまった。

普通に考えれば“多くの国会議員や上司に報告する”と言いつつ“脅迫など一度もしたことない”などと返すのはアホすぎるダブスタにしか見えない。ところが本人にとっては「(国の組織に)パワーゲームが仕掛けられた」としか理解してないから、同じ土俵で戦ってるつもりなのだろう。それどころか「強大な国 vs 小さな自治体」という脳内対立になっていて、「自分はむしろ弱者である」という感覚すらあるのかもしれない。まあどっちにしても挙動から推察すると突っ込まれた記事の中身はまったく見ておらず、興味があるのは発言者の肩書きだけのようだ。

「兄貴の友達の親戚の知り合いのはす向かいにある行きつけの床屋の息子のスーパーハカーが……」

この揉め事を見ていて思い出したのが、掲示板なんかでエキサイトすると「友達のスーパーハカーに頼んでお前の住所氏名(略」とか言い出す古典的なネットの愉快な方々。もちろん根本的に違うのは今回これを言いだしてるのはいい年こいた成人であり、氏名年齢所属経歴顔面を全部公開してる公人であり、しかも紛うことなき権力者の首長であるところ。夏休みの中学生がスーパーハカーを持ち出すなら懐かしの微笑ましい光景だが、大人どころか権力者である市長が同レベルでやり出せば中二病や痛い人レベルの話ではない。それこそパワーゲームだ。

そもそもこの人、「日本ツイッター学会」とか「日本フェイスブック学会」とやらを自分で立ち上げて自分で会長を名乗っている。大概こういう「それっぽい名称の団体を自分で作ってトップを自認する」というのは怪しい組織の方か、個人ならメンヘラ方面の人や自己顕示欲が強すぎる人がよくおこなう手法。それを首長になってもやるというのはある意味凄い。

話題になるネタを提供してくれる自治体トップというとかつては阿久根市、現在進行形でも東京や大阪などがあるが、武雄市がその常連の仲間入りできるのか興味深い。個人的な予想としては、ナチュラルボーンに揉め事を引き寄せそうな体質でネットの活用を標榜、おまけに現役首長と来てるわけだからこれで終わることはなさそうだとは思うが。

タグ:揉め事 twitter
posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | 議論・揉め事 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。