2012年12月14日

「iOS版Google Mapsが出たからもうiOS6にしても大丈夫だよね!」問題

標準アプリからGoogleマップが外されたiPhone5&iOS6が、ヒドイ酷いと言われ続けたApple謹製マップと登場してから早数ヶ月、やっとiOS版のGoogle Mapsが登場した。

自分もiPhone4sを使っていて、当初は早い段階でiOS6へのアップデートも考えていたものの、あまりにも地図の評判が悪いので躊躇してしまい、未だにiOS5のままになっている。このニュースを聞いて「おお!やっとこのiPhoneもOSのアップデートができるのか!」と思ったのだが、よく考えてみると地図は地図アプリだけで使われているわけではなく、様々な各種アプリからも呼び出されて使われている。

iOS版Google Mapsをインストールしたとして、自分自身が地図を使う場合は意識してGoogle Mapsを起動させればいいだけだが、他のアプリが地図を呼び出す場合はそうはいかない。基本的にApple製マップが利用されるわけで、結局それではパチンコガンダム駅の餌食になってしまう。別アプリ経由で地図を使うことはあるので、「うーん、やっぱり今回もまだ様子見か……?」と思って諦めかけたのだが、どうやら他のアプリからでもGoogle Mapsが使えるSDKも同時公開されていたらしい。

ただ当然ながらこのSDK自体は単なる開発ツールにすぎないので、アプリ(の制作)側で対応してもらわない限りAppleの地図が使われ続けることになる。上記の記事によるとGoogleへの登録とキーの発行が必要とのことなので、実際にGoogme Mapsを使うアプリが出るのはまだ先になりそうだ。また、例え実際にGoogme Mapsを利用したアプリが出てきたとしても、自分が使っているアプリがGoogle Mapsに切り替わるかは(公表されない限り)わからない。

結局iOS6にして良いのか、悪いのか

(地図だけが問題なら)自分が地図を利用するスタイルによる。簡単には以下のようにまとめられると思う。

  1. 地図アプリ経由でしかマップを使わない
    → 地図を使うときに(Appleのマップではなく)Google Mapsを起動すればいいだけなので、恐らくアップデートしても問題ない。
  2. 他のアプリでマップを使う機会がある
    → そのアプリの重要度や使用頻度による。あまり重要でないならアップデートしてもいいだろうし、非常に重要なら最低でもそれがGoogle Mapsを呼び出すようになるまで待った方がいい。
  3. とにかくすべてがGoogle Mapでないと困る
    → 自分が使ってるアプリが全部Google Mapsに対応するまで待とう。(もちろんいくら待ってもダメかもしれない。)

ちなみに自分の場合は「2.」だと思うので、もう少し待ってみようかなと思っている。

【ハードウェア・ガジェットの最新記事】
posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | ハードウェア・ガジェット | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。