2014年05月09日

この3Dプリンタで銃を作った人がすごい! 2014

最初このニュースを聞いたとき、まず気になったのは3Dプリンタ云々より「どうやって警察は拳銃を見つけたんだ?」というところだった。大っぴらに町中で撃ったとかならともかく、自宅で作成や保管していたらわかるわけがないから、「身近な誰かに自慢したら、その人が警察に相談した」あたりかと勝手に考えていた。

でもそうではなくて、この容疑者はネットで相当派手に活動していて、例によってTwitterやYouTube&ニコ動で自分の活動を色々と投稿していた、という話らしい。なるほど、これなら通報に事欠くことはない。「3Dプリンタによる武器製造の最初の摘発がバカッターとは、さすが21世紀だね!」とほっこりした気分に。

しかし、記事を読んでいくと、いわゆる“うっかり系のバカッター”ではないことが嫌でもわかってくる。なんせ冷蔵庫の中に入ったり、サッカー選手の奥さんを罵倒したりするような人とは、ひと味もふた味も違う発言が記事の中に出てくるからだ。

「私は世界で初めて実弾発射能力を有する3Dプリントリボルバー(回転式拳銃)を開発しました。私は日本で初めて3Dプリンター製の拳銃を作った張本人。このことを誇りに思う」

3Dプリンター銃作製 「銃規制する社会への挑戦」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

「銃を規制する社会に対する挑戦と武装の自由化のためです。人は熊を倒すのに猟銃を使います。銃は体力で劣る女性が男性を射殺するために必要です。銃刀法を廃止できなくても誰もがすぐ製造できるように3D印刷拳銃の図面を普及させる」

3Dプリンター銃作製 「銃規制する社会への挑戦」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

これはぜひ「生の声」を聞くべきだと、早速実際のアカウントに当たってみることに。アカウント自体は消されていなかったので簡単に見つかったものの、いや、これが凄いこと凄いこと。最初に報道記事を読んだときは「どうせ過激な発言をだけを選び抜いてきたんだろう」と思っていたら、それどころじゃない豪快な発言がひたすら並んでいるという、ある意味壮観な光景が飛び込んできた。

確かにこれ(とすでに消されているらしい銃のサイトと動画)を見たら、警察も通報をスルーできないんじゃなかろうか。世間一般としては「3Dプリンタで銃を!」という方に当然目がいくだろうけど、個人的には「アレな人に便利すぎる道具を与えると、あっという間にボーダーを超える場合があるし、これは法整備ですぐにどうこうできる問題じゃないだろう」と思ってしまった。何せ本人は法律というか社会自体を銃(を広めること)で何とかしようと考えているわけで、そもそも最初から法律をきちんと守ってくれそうには見えない。自らの正しさに向かって突き進んだ結果が、今回の事態に繋がっているのだから。

とはいえ、3Dプリンタで銃を作ること自体に関しては「どうせ弾が手に入らないので、大した意味はない」「銃を作れることで規制するべきなら、他の道具も規制対象になる」という話があった。個人的にはすぐに判断できる範囲の話ではないので、この辺りは識者の記事を待ちたい。

posted by RPM at 09:00 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。