2012年12月14日

「iOS版Google Mapsが出たからもうiOS6にしても大丈夫だよね!」問題

標準アプリからGoogleマップが外されたiPhone5&iOS6が、ヒドイ酷いと言われ続けたApple謹製マップと登場してから早数ヶ月、やっとiOS版のGoogle Mapsが登場した。

自分もiPhone4sを使っていて、当初は早い段階でiOS6へのアップデートも考えていたものの、あまりにも地図の評判が悪いので躊躇してしまい、未だにiOS5のままになっている。このニュースを聞いて「おお!やっとこのiPhoneもOSのアップデートができるのか!」と思ったのだが、よく考えてみると地図は地図アプリだけで使われているわけではなく、様々な各種アプリからも呼び出されて使われている。

iOS版Google Mapsをインストールしたとして、自分自身が地図を使う場合は意識してGoogle Mapsを起動させればいいだけだが、他のアプリが地図を呼び出す場合はそうはいかない。基本的にApple製マップが利用されるわけで、結局それではパチンコガンダム駅の餌食になってしまう。別アプリ経由で地図を使うことはあるので、「うーん、やっぱり今回もまだ様子見か……?」と思って諦めかけたのだが、どうやら他のアプリからでもGoogle Mapsが使えるSDKも同時公開されていたらしい。

ただ当然ながらこのSDK自体は単なる開発ツールにすぎないので、アプリ(の制作)側で対応してもらわない限りAppleの地図が使われ続けることになる。上記の記事によるとGoogleへの登録とキーの発行が必要とのことなので、実際にGoogme Mapsを使うアプリが出るのはまだ先になりそうだ。また、例え実際にGoogme Mapsを利用したアプリが出てきたとしても、自分が使っているアプリがGoogle Mapsに切り替わるかは(公表されない限り)わからない。

結局iOS6にして良いのか、悪いのか

(地図だけが問題なら)自分が地図を利用するスタイルによる。簡単には以下のようにまとめられると思う。

  1. 地図アプリ経由でしかマップを使わない
    → 地図を使うときに(Appleのマップではなく)Google Mapsを起動すればいいだけなので、恐らくアップデートしても問題ない。
  2. 他のアプリでマップを使う機会がある
    → そのアプリの重要度や使用頻度による。あまり重要でないならアップデートしてもいいだろうし、非常に重要なら最低でもそれがGoogle Mapsを呼び出すようになるまで待った方がいい。
  3. とにかくすべてがGoogle Mapでないと困る
    → 自分が使ってるアプリが全部Google Mapsに対応するまで待とう。(もちろんいくら待ってもダメかもしれない。)

ちなみに自分の場合は「2.」だと思うので、もう少し待ってみようかなと思っている。

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | ハードウェア・ガジェット | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

来年(2013年)いっぱいでアナログ映像出力が完全禁止される件

上の記事のような「アナログ映像出力禁止・終了」の話はたまに目にしてたんだけど、ちゃんと追っかけてなかったので細かいところは全然知らずに2012年になってしまった。もうそろそろ「先」の話でもなくなってきたので、ちょっとまとめて整理しておきたい。

そもそも「(BD機器の)アナログ出力禁止」とは何なのか

Blu-ray Discには「AACS」という著作権保護技術が使われている。この技術を策定したのは家電やコンピュータメーカー、ハリウッド系のコンテンツ企業が集まって設立した「AACS LA」という団体なのだが、このAACS LAによってAACSを扱う機器(≒BDレコーダー/プレイヤー・BDドライブ搭載機器)は「アナログ出力の機能制限ルール」が決められてしまっている。

簡単に言えば「アナログ出力からBDがコピーされるから、さっさと使えないようにしろ」というものだ。

ただこのルール、決める際にかなり家電メーカー側とコンテンツ企業側で揉めた様子。

有効なコピー防止技術を持たないD端子によるHDTV映像の出力に,最も厳しい見方を示したのが米Warner Bros. Studios社である。(中略)このWarner社の主張に対して,松下電器産業やソニーは強行に反対した。背景には,デジタル端子を持たなハイビジョン・テレビが広く普及してしまった日本市場の特殊性がある。ICT機能を義務づけると,今まで販売してきたハイビジョン・テレビを利用しても,次世代光ディスクによるコンテンツをHDTV表示できなくなってしまう。

「2014年以降はD端子への出力を全面禁止」,次世代光ディスクの著作権保護方式が固まる【訂正あり】 - 家電・PC - Tech-On!

より詳しくはリンク先の記事を読んで欲しいが、要するに家電メーカーは反対の立場だったが、コンテンツ供給側との交渉や譲歩の結果痛み分けでこんな形になったようだ。それでも叩かれるのは主に家電メーカーのようで、少しかわいそうではあるかもしれない。

アナログビデオ出力制限のスケジュール

具体的には以下のようなスケジュールがすでに決定され、実行されている。

発売時期アナログビデオ出力
2010年12月31日以前HDビデオ出力可
(販売は2011年12月31日まで)
2011年1月以降
〜2013年12月31日
480iに制限
2014年1月以降アナログビデオ出力禁止

そう、実はもう規制は去年(2011年)から始まっていて、すでに現行モデルではD端子からハイビジョン(HD)映像は出力できなくなっている。そして現在かろうじて許されている480i(D1)での出力すら禁止され、アナログ映像端子から一切の信号が出力できなくなるのが2014年というわけだ。

そして今まではもっぱらHD出力が可能なD端子(コンポーネント端子)が主なターゲットになっていたのだが、2014年からはコンポジット端子(お馴染みの黄白赤のアレ)やS端子も一切使えなくなってしまう。これが「アナログビデオ出力禁止」の正体と言える。

しかもご丁寧なことに、この「アナログ出力制限」がされていない製品は店頭などで販売を継続することもできなくなってしまう。当然メーカーは市場から(モデルチェンジという形だろうが)撤去するしかないわけで、中古を除けば「旧型モデルを買えばいいや」という方法すらもとることができない。

2011年以前に発売された製品は、これまで通りD端子やコンポーネントビデオからのHD映像出力を継続して利用できる。ただし、これらの機器を、2011年12月31日以降も継続販売する場合は、SDインターレース出力への制限が必須となるため、2012年以降はこうした製品を市場で入手するのは難しくなると予想される。

'11年発売のBD機器はアナログ出力をSD解像度に制限 -AV Watch

この「アナログ出力制限に対応した新モデル」は、恐らくアナログ端子自体が削られていてHDMIのみになっているだろう。使えないものを搭載しても無駄なコストにしかならないからだ。実際に今のBDレコーダーはD端子出力がすでになくなっているモデルがあり、具体例を出すならパナソニックの現行BDレコーダーはすでにD端子もS端子も存在しなくなっている。

これはミドルクラスの機器になるようだが、調べたところ上位モデルでもアナログ入出力はコンポジットしか存在しない。つまり現在進行形でアナログ端子全廃の動きは着々と進んでいると言えるだろう。

出力制限を受ける映像ソース

端的には「AACSを使用しているメディアからのソース」が制限対象になっている。具体的には市販のBDソフト、BD-R/RE、AVCRECで記録したDVD-R/RAMなどで、DVDビデオやデジタルテレビ放送、それをHDDに録画したものは(AACSを使用していないので)対象外となっている。

ただHDDに入っていても一回BD-R/REを利用してムーブバックしたものは制限されてしまうなど、わかりにくい点も多い。詳しくは引用した下の画像やリンク先を参照して欲しい。

アナログ出力規制の具体的な内容

アナログ入出力が全撤廃されるのはそう遠くないかもしれない

上の話を読んで「制限があるのはBD経由の出力だけなの?だったら他のソースとかTVは関係ないじゃん。何が問題なの?」と考える人も多いかも知れない。ところが事態はそう楽観できない。

前述のとおりにTV放送そのものには制限がないBDレコーダーや、同じく制限対象外のDVDも再生できるBDプレイヤーからもD端子そのものが消えていっている。ディスク再生時にHD出力ができない端子を残しておくと混乱の元になるという観点もあるのだろうが、実際はコスト削減が主な理由だろう。現在はBDレコーダーに限らずAV機器全般がどんどん値下がりしていて、ますます「中途半端にしか使えない」アナログ端子を残しておく余裕はなくなっているはずだ。

また同様に映像受信側、つまりTVのアナログ端子の減少・撤廃の流れもどんどん進んでいる。まあTVとレコーダーを作ってるのは基本的に同じ電機メーカーなわけで、それも当然と言えるかもしれない。

筆者が2011年から感じている1つの強い傾向について述べておきたい。それはズバリ,「AV機器のアナログビデオ入出力端子が全撤廃される方向に動いている」というものだ。

(中略)大手メーカー製テレビの最新モデルでは,Sビデオ入力はもちろん,「黄色い映像端子」として慣れ親しまれてきたコンポジットビデオ入力端子さえも,搭載されなくなる流れにある。また,高画質なアナログ入力端子として知られる「D端子」も撤廃の動きが強まっており,一部のメーカーからは,専用の入力アダプタ経由でしか入力できないテレビも出てきているほどだ。

そう,最近のテレビは「背面端子はHDMIだけ」という製品が増えているのである。

4Gamer.net ― 「ゲーム志向」を謳うスキャンコンバータ「FRAMEMEISTER」レビュー。充実の対応フォーマットはレトロゲーマーを救うか

個人的に嫌なのはこれで昔の機器が物理的に使えなくなってしまうこと。上で引用した4Gamerの記事で語られてるようにレトロなゲーム機はもちろん、PS2やWiiですらTVに接続する方法がなくなってしまう。もちろんかつて一時代を築いたVHSビデオデッキも同様で、デッキ自体がまだ動こうが思い出のテープが残っていようが完全に“終了のお知らせ”状態だろう。

古いAV機器というと大概は「動く/動かない」とか「消耗品がまだ残ってる/残ってない」あたりが問題になったが、今や「TVに繋ぐ方法がある/ない」という事態が目の前まで迫ってきているわけだ。

posted by RPM at 11:00 | TrackBack(1) | BackLink | ハードウェア・ガジェット | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。