2009年09月26日

YouTubeの5段階評価システムはなぜ機能しなかったのか

YouTubeが5つ星級の発見:評価システムは無意味だった

はてブでも話題になった上の記事の話。内容としてはTwitterにpostした発言ややりとりを整理したもの。

そもそもほとんどの利用者は「評価」しない

記事の中だと1つ星が少しと大量の5つ星があって、2、3、4は事実上ゼロだ。*と書いてあるが、実際はそれよりさらに多数の「評価しない」という選択がされている。不特定多数に動画や(Blogなどの)記事を評価させる場合、実際に「評価する」にたどり着くまでは以下の過程を踏む必要がある。

  1. 評価対象に関心を持つ
  2. 関心を持って閲覧する
  3. 閲覧後(あるいは閲覧中)に「評価しよう」という気になる
  4. 実際に評価する

実際に評価するのは4までたどり着いた利用者で、そこで始めて(今回のYouTubeの件だと)5段階の評価がおこなわれる。「見るのを途中でやめた」「見たけど特に評価するモチベーションは起きなかった」「そもそも見る気も起きなかった」という圧倒的多数の利用者は、実は「無評価」という評価を無意識に下している。全体から見て多数の「星5」の評価の反対は(ごく少数の)最低評価の「星1」ではなく、評価にすらたどり着かなかった単なる「無評価」だったと考えた方がいい。

「つまらない」と思ったらそもそも評価しない

上記のようにまず「評価してもらう」という時点でそれなりのモチベーションが必要になる。記事中だと「評価が星5と1に偏っている」と書いてあるが、星5が多いのは「面白かった!」「素晴らしい!」という感想がそのまま評価する動機に繋がり、それが結果にも直結しているからだろう。別段細かく検証するような心理状態にでもならない限り、直感的な感想は「良い/悪い」ぐらいの評価しかないだろうから、良いなら最高の星5を選ぶのは自然な選択だと思われる。

次に多いのは星1だが、これはよく見なくても星5に比べれば極端に少ない。その数は2から4に比べればマシだが、それでも星5に比べると相手にもならない。1をつける理由は「つまらなかった」とか「むかついた」などの一番可能性が高いが、そもそもつまらなければ評価する以前にブラウザのタブを閉じる可能性の方がずっと高い。つまらないものを無理して見続ける人間よりも、途中でやめて別の行動を始める利用者の方がどう考えても多いだろう。

特にYouTubeは無料の動画サービスなのだから、金を払って入った映画館のように無理して見続ける動機などないに等しい。これはYouTubeに限らず、無料のWebコンテンツならほぼ間違いなく同じ結果になるはず。それでも星1の数がそれなりにあるのは、「時間の無駄だった」という怒りや「こんな糞動画アップしてるんじゃねえ」というこき下ろし目的だと思われる。ただそのような動機を考慮しても、あのグラフからはわざわざ星1の評価を下す利用者は星5の評価をする利用者と比べ、ほぼ無視できるほど少ないことが見て取れる。

多段階評価が機能するとき

とはいえ、今回の記事だけ見て「すべてのサービスで多段階評価が無意味」という話にはならないだろう。Amazonのレビューや映画レビューサイトのCinemaScapeでは(十分かどうかは別として)5段階評価のシステムが機能している。これはレビューに対するモチベーションというか、「執着」が大きな原動力になっていそうに思える。例えば名前を出したAmazonとCinemaScapeなら、以下のような理由が挙げられる。

Amazonレビュー
  • 金を出して買った商品の場合、当然身銭を切っているわけだから無料コンテンツとは比べものにならないほど執着度は高くなる
  • 物販サイトなので「直接金(の流れ)と結びついている」という特徴
  • レビュー自体に「参考になった」という評価が存在して、それを稼ぐという目的が存在する
  • レビューはアカウントと紐付けられているので、レビューを繰り返せばアカウントそのものに一定の価値が生まれてくる
  • (今はもうないが)発売前レビューで好き勝手書いて注目されたい!というような需要
CinemaScape
  • 「映画批評サイト」なので元から「能動的に批評・レビューしたい利用者」しか参加しない
  • 当然モチベーションも最初から高く、過去に投稿されたレビューと比較され、レビュー用のカウントを取らないと利用できないという点から、利用のハードルがそもそも比較的高い
  • レビューするのは「映画好き」「映画をたくさん見ている」可能性が当然高く、レビュー対象を相対的に評価できる知識・能力を持っている可能性が(少なくともYouTubeなどの利用者に比べれば)高い
  • Amazonの「参考になった」と同じようなレビューに対する「投票」システムやユーザランキングが存在するため、「良いレビューによってアカウントの価値を高めたい」というようなインセンティブが働く

いずれにしてもレビュー対象による「執着」が強ければ強いほどレビューする可能性が高く、さらにわざわざ多段階評価を使いこなしたり、時間をかけてまで質が高いレビューをするインセンティブがあるほど、そのレビューの信頼性や価値が高まると考えられる。今回の話題の発端となったYouTubeはその辺りがまったく考慮されておらず、無料動画では強い執着が生み出せるわけもなく、さらにわざわざ時間をかけて段階評価するインセンティブも存在しなかったので、このような結果になったのではないだろうか。

「Good評価だけ」という選択肢

YouTubeや(普通の)Blog記事に対する評価の場合、恐らくGood/Badのような2段階評価すら不要で、Web拍手やはてなスターのようにプラス評価さえあれば十分だろう。それはすでに書いたように、動画・記事を見終わってBad評価をするよりも、明らかに途中で閲覧をやめてしまう可能性能が高いから。このようなシステムなら、Goodが少ない(あるいはない)という事実ですべてを表すことができる。

要するに、「不特定多数に気軽に見てもらう」というようなサービスに5段階評価システムは複雑すぎて馴染まず、もしやるとしても入り口(閲覧)が手軽ならば出口(評価)も手軽でなければ上手く運用できない、という話なのだろう。

posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | Internet・Webサービス | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

Tumblrで日本語検索をするいくつかの方法

2009年現在になっても、未だに標準で用意されている検索機能では日本語を使えないTumblr。しかしながら、その方法がまったく存在しないわけでもないので、普段使っているいくつかの方法を紹介。

1.工夫して標準検索を使う

「日本語がつかえない」といっても検索文字に日本語が使えないというだけで、検索結果自体には日本語のページが普通に表示される。従って、「(検索したいpostに)英数字の部分が存在する」+「その英数字で検索する」という条件ならpostを検索することが可能。

問題点
  • postに(半角)英数字が存在しないと無理
  • 日本語で検索できないことは変わらず、根本的解決にはなっていない

2.検索エンジンを使う

GoogleやYahoo!検索などの普通に日本語がつかえる検索エンジンを利用する。検索エンジンのトップページなどから検索するなら「site:(ユーザID.)tumblr.com」と検索窓に入力してから任意の文字列を検索し、自分のアカウントのTumblrに検索窓を設置するなら以下のリンク先のコードを「customize」から任意の場所に書き込む。(Tumblrの文字コードはUTF-8なので、ソース部分を書き換えないと文字化けして使用できない点に注意。)

さらに効率的にインデックスされるように、各種サイト管理者向けサービスを併用してサイトマップを登録すればベター。Tumblrは標準で「http://ユーザID.tumblr.com/sitemap.xml」にサイトマップインデックス*1が存在するので、それを登録すれば検索エンジンにサイトマップの場所を明示することができる。*2

普段使っている限りは(Tumblrは)Googleの方がインデックスの速度・数ともYahoo!より上のようなので、利用するならGoogle(の検索窓設置)の方がおすすめ。

問題点

Googleのインデックス速度と数量はかなりのものだが、それでもかなりのインデックス抜けが目立つ。上記の手順をすべておこなっても「検索しても出てこない(インデックスされていない)」という場合が結構あるため、過度の期待は禁物。

3.Google ReaderにRSSフィードを登録する

Google Readerにはフィードの検索機能が存在するので、それを利用する方法。

具体的にはTumblrのRSSフィードをGoogle Readerに登録し、ページの上部に存在する検索窓からTumblrのフィード(アイテム)を選択して検索する。Google Readerは一度登録したフィードの過去ログ(post)がずっとサーバ側に残り続けるうえに、フィードさえきちんと読み込まれればWeb検索のように「インデックス抜け」がほとんど起こらないのが大きな利点。この方法をとるなら、少しでも多くインデックスするようにアカウントを開設してすぐにでもGoogle Readerにとりあえず登録した方が良い。

問題点
  • Tumblrは最新20件しかRSSフィードを出力できないため、過去の遡った分はインデックスされない*3
    • ただし、自分が登録しなくても誰かが先に同一フィードをGoogle Readerに登録すれば、その時点からサーバにログが残り続ける
  • 短時間に大量のpostをする使い方をしている場合は、フィードクローラの巡回が間に合わずWeb検索と同じように抜けが発生する
  • あくまで登録したTumblrアカウントしか検索できず、検索範囲を広域にするのは難しい
  • 現状の仕様では過去ログ(post)はずっと残り続けているが、今後どうなるかは不明

2番目の問題点はTumblrのRSSフィードが20件までしか出力されないことが原因で起こっているので、出力件数が増やせれば問題とならないのだが……。

総括

個人的な使い方では明確に半角英数字で検索できることがわかっている場合は1を使い、そうでない場合は最近気が付いた3を使うことが多い。ただし、結局はどの方法も完璧とはいえないので、併用するのが一番いいのではないかと思う。

*1:複数のサイトマップを列挙したもの。

*2:が、実際はrobots.txtにもサイトマップの場所が書かれているため、必要性はあまり高くないかもしれない。

*3:Web検索ならクローラがちゃんと働いてくれれば、過去のpostも登録される。

posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | Internet・Webサービス | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

ポスト「チャットサービス」としてのTwitter

かつてBlogが誕生・普及する前、個人サイトといえばGeocitiesなどのレンタルホームページサービスから自分が利用できる容量(スペース)を借りて、HTMLを手打ちして作るのが一般的だった。*1これは今のBlogサービスなどを利用するのに比べて桁違いに手間と知識が必要だったが、それが普通だったのでそれを疑問に思う人間もあまりいなかったような時代の話。

そういう時代の個人サイトにおいて、ほぼ必ずサイトに用意されてる「定番メニュー」と呼べるようなものがあった。

  • 日記
  • 掲示板
    • ゲストブック*2
  • 自己紹介
  • リンク集
  • チャット

これらは当時テンプレートと呼んでもいいぐらいほとんどのサイトに画一的に存在したが、より手軽で見栄えもいいBlogやSNSが爆発的に普及していくと急速に姿を消していった。絵描き・同人などの一部界隈のサイトはこれらのメニューや特徴を色濃く残しているところもあるが、Web全体から見れば「完全に主流から外れた過去の遺物」と言ってしまってもそんなに問題はないだろう。

オールインワンサービスとしてのBlog

ただこれらのメニューが機能ごと消えてしまったのか?と言えばそういうわけではない。ほとんどは形や名前を変えて、Blogのシステムに標準で組み込まれるようになった。

  • 日記 → Blogそのものか、あるいは記事自体*3
  • 掲示板 → コメント欄
    • ゲストブック → 同じくコメント欄か(コメント付き)拍手機能
  • 自己紹介 → サイドバーのAboutやプロフィールメニュー、あるいはプロフサービス
  • リンク集 → サイドバーのリンクメニュー、柱リンクとも

Blogを利用すれば、かつて別ページで作っていたものは標準状態で用意されるようになったので、利用者側が気にする必要がなくなった。要するにBlogは個人サイトの機能をすべて盛り込んだ「オールインワン」サービスだった、ということになる。*4

残った「チャット」をのぞいては。

Blog文化に引き継がれなかったチャット

最初にあげたメニューのうち、「チャット機能」だけはBlog文化(サービス)には引き継がれなかった。外部サービスを利用する、あるいはオプションやプラグインとして用意されていることはあるだろうが、標準機能としては基本的に存在しない。

もちろん、チャットシステムそのものや需要がなくなったわけではない。かつての利用者は主にメッセンジャーやSkypeなどに移行、あるいはネットゲームへコミュニケーションの場が移動していったものと思われる。ただいずれにしても、個人(今でいうブロガー)が「チャットスペースを用意する」という文化や風習自体は当時に比べれば下火になってしまった、と言ってもいいだろう。*5

ポスト「チャット的ポジション」としてのTwitter

最近話題にあがることが多いTwitterは、Postする内容としては「つぶやき」と言われるように軽い内容であることが多い。かつてチャットが「気軽なおしゃべり」と言われていた(訳されていた)ように、目指すところは多分かなり近いところにある。つまり「気軽な話でコミュニケーションしよう」というサービスだ。

Blogと比べて根本的な機能が削りに削られてしまったTwitterが、その代替えとして普及するかは何とも言えないが、かつてチャットルームでおこなわれていた「気軽なおしゃべり」をするには十分すぎるだろう。文頭・文末に「>」などを付けることによっておこなっていた個人への呼びかけも、「@」によって標準サポートされている。一度アカウントを取得すれば、「入室」や「部屋の作成」という手間も発生しない。

かつて個人サイトで普及し、Blog化の流れやネットゲームの台頭によって個人サイトから消えていったチャットのポジションにTwitterが上手いこと収まる、ということがあってもあまり不思議はないように思える。「@」付きの「おはよー」や「おやすみー」でタイムラインが埋まっているアカウントを見るのもそんなに珍しくない、というのもそう考える理由のひとつなんだけれども。

*1:CGI日記などもあったが、本題と関係ないので触れない。

*2:これは掲示板が兼ねている場合もあったし、別途用意されていることも多かった。

*3:Blog = 日記 と呼ばれるのも珍しくない。

*4:ただ携帯向けサービスだと、Blogではなく逆に昔の個人サイトのような文化が一般的らしいが。

*5:恐らくこれは公開チャットシステム自体が抱えていた問題も少なくないだろうが、これも直接は話に関係ないので触れない。

タグ:twitter 雑感
posted by RPM at 00:00 | TrackBack(0) | BackLink | Internet・Webサービス | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。