2009年02月22日

疑似科学批判批判は「お前の態度が気に入らない」の言い換えに過ぎない

この辺りのいわゆる「疑似科学批判批判」の話。

この種のエントリの主な主張は以下のようなもの。

  1. 自分自身は批判対象(例えば水伝など)自体には何の興味もないか、もしくは信じていない
  2. 人が何を信じて何を主張しようと自由
  3. その批判行為に意味・効果があるとは思えない
  4. 批判する行動自体が気に入らない(目に余る)

「批判」に繋がっているのは2から4で、それらのいずれか、もしくは複合した内容がエントリになっていることが多い。本題である疑似科学自体に言及することはまずなく、「興味がない」「よく知らない」「自分は信じてないけど」という言説・態度を取るのが一般的。つまり「疑似科学批判批判」自体は「疑似科学」という単語はついているものの、実際は何の関係もないただの(議論の)空中戦だといえる。

「お前の態度が気に入らないので、態度を改めるかやめちまえ」

前述の通り、「疑似科学批判批判」は「疑似科学」とは直接的に関係はない。内容としては「お前らの態度(行動)が気に入らない」*1と主張しているだけなので、疑似科学批判者が疑似科学の危険性云々を説いても意味がないし、そもそも話がかみ合わない。多くの人は疑似科学の方面からこの問題に反論するのだが()、疑似科学自体は話のダシに過ぎずそもそも何の興味もないのだから、話の進展に繋がることはほとんど無い。*2

ただ面白いことに、この辺りは本人も区別がついていないのか、もしくは意図的に混同させているのか「態度が気に入らない」→「疑似科学批判は間違ってる(無意味)」にスライドする事が多い。確かに直接批判されたわけでもない第三者が唐突に「お前の態度が気に入らない。目についてうぜぇ消えろ」なんて主張した日には、「頭脳が残念な人ですね」「幼稚園児ですか?」「期待の若手!今後も目が離せない!!」などと書かれて残念な注目のしかたをしてしまう。批判の手段としては対象を「態度」ではなく「行動」にした方が確かにスマートだろう。

「今時w水ww伝wwwワロスwwww」

「疑似科学批判」という看板は比較的「叩かれづらい」という特徴がある。例えば水伝の「水に綺麗な言葉をかけると美しい結晶になる」などという主張はシンパでもなければおよそ肯定できない。まともに考えれば叩き一辺倒になるのは当たり前だし、実際問題として教育現場で使われたりしてるわけだから「むしろ積極的に叩くべきだ」という流れも自然だろう。*3

ただ結果として、「叩かれにくい看板を盾にして好き放題放言する*4」という行動も可能であって、実際に散見される。個人的には「疑似科学批判批判」はこの辺りの行為のカウンターとして生まれていると考えている。言い方を変えれば「叩かれすぎてる方を擁護する(したくなる)逆張り行為」といったところ。*5

もちろんそのまま反論すると「(信じてもいないのに)ただの水伝シンパ」になってしまうので、直接的に疑似科学自体には触れない「他人の意見を尊重しろ」「お前らの行為は無意味」「魔女狩りですか?」辺りに着陸する。*6例えそれが疑似科学シンパの利益になったとしても、そもそも自分は疑似科学自体には無関係・興味なしなのでどうでもいいという考えもあるだろう。要は「俺は頭がいいので周りでアホがいくら騙されても構わない」ということ。

態度の変更要求に理屈で返答しても意味はない

疑似科学批判批判は「疑似科学自体に興味はないが、お前の態度が気に入らない」という以上の主張は無いと見ていい。(繰り返しになるが)多くは「疑似科学の危険性」という観点から反論されるが、論点はそこじゃないので話がループするだけ。

ニセ科学批判批判(大体どいつも似たようなことしか言わん。態度問題と印象批判しかできない)

ニセ科学批判批判は、行動がアホだと思う - 火薬と鋼

というのは

  • 元から態度の問題である
  • 疑似科学自体には興味も知識もないので印象でしか語れない

という点から当然の結果といえる。

*1:理由としては「科学万能主義」や「科学原理主義」、「他人の自由にケチを付けているだけ」などが良く挙がる。

*2:従って「何必死になってるの?ww」みたいな反応が返ってくる。元から「必死になってること」の方を問題にしているから。

*3:ビジネス的な観点で詐欺云々の問題もある。

*4:主に人格攻撃など。

*5:もっと単純に「罵倒されてるのを見るのがムカツク」「いい気になってる奴に冷や水を浴びせたい」「罵倒してる奴を罵倒し返したい」などかもしれないが。

*6:そもそも対象となっている疑似科学自体を全然知らないので、触れようがないというのもある。

posted by RPM at 19:09 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

疑似科学商品にはこんな注意書きを印刷すべき

「水からの伝言」は科学を自称していないから疑似科学ではない? - NATROMの日記

こんにゃくゼリーも大きな絵と文字で注意書きが袋に記載されているので、疑似科学を元にした商品にもちゃんと注意書きを載せるべきだと思うよ。例えば以下のようなもの。

「この商品の機能はフィクションであり、実際の効能・効果とは一切関係がありません。」

「この商品の機能は科学的・統計学的な裏付けが一切ありませんが、○○(制作者)が自信を持って効果を確信していることのみは保証します。ソースは脳内です。」

「風の息づかいを感じていれば、多分効果があったはずだ。」

「幸運の壷に効果があるなら、この商品の効果も捨てたものではない。」

「信じるものはすくわれる。(足下じゃないぞ!絶対足下じゃないぞ!絶対だぞ!!)」

「この商品の信頼性はあなたが明日超人的な力に目覚め『静まれ俺の左手っ!』と言い出すぐらい確率はあるかもしれません。」

「いや、むしろ『画面の中から女の子出てくる』ぐらいの確率かも〜」

「空から女の子が降ってきた。従って効果がある。」

「実際の効果とかごちゃごちゃ言ってるけど、要は、買う勇気がないんでしょ?」

どうぞご利用ください。

posted by RPM at 04:30 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする

「努力をしないクズを吊せ!努力が足りない無能は死ね!」

Geekなぺーじ : 「努力をしない人間」を見抜けるか?

まず前提として「努力してない」「努力が足りない」と言われたり評価されたりするのは、「失敗」したときのみであることに注目した方がいい。例えば試験に合格したり、製品の制作が期限までに間に合ったり、人生に成功したりした人が「努力が足りない」と評価されることはまずない。つまり努力の「量」自体を評価しているわけではなく、あくまで失敗した場合の「理由付け」として「努力」が持ち出されているだけだと考えた方が自然だろう。

成功者自身や周囲が「たゆまぬ努力で〜」などと答えることも良くあるが、これは失敗の裏返しで「成功」したからこそ「努力の量が足りた(多かった)」と評価できる状態になっただけといえる。失敗したのに努力の量をアピールした後に待っているのは、「努力の量が足りないだけ」「言い訳みっともない」「努力しても無能なんですね、わかります」「間違った方向への努力は無駄」などと成功者のマッチョに上から目線で説教されるのがオチとなっている。「努力すれば報われる」という価値観に立つ以上は、「報われないのは努力が足りない」というカウンターから逃げることはできない。

また、そもそもの問題として

  • 努力の定義にブレがありすぎる
    • 人によって定義されている「努力」がまったく違う事が多い
  • 努力を計る方法が存在しない
    • 評価する人間が自分の中で定義されている「努力」に合致する行為を観測できなければ「努力」は見えない
      • ゆえに「見えない努力」は評価対象にならない
      • 自分の定義と違う努力も評価対象にならない
      • それ以前に観測も何も一切無しに失敗したから「努力が足りない」と斬り捨てる人の方が恐らく多い
  • 努力の量の基準がない
    • 成功しない限り延々と「努力が足りない」という評価が可能
  • 問題をすべて「努力の問題」に転化できる
    • 根本的に「人数」や「時間」、「資金」が足りないような状態でも、失敗した原因を努力(自己責任)に押しつけることができる

といったものが挙げられる。

結局のところ「努力が足りた状態」は「成功」したときしかあり得なく、努力自体の量を計るような基準もシステムも存在しない。(評価されるなら)「努力をしているように見せ(かけ)る努力をしよう」も処世術の一種だが、「努力が足りない/していない」というのは(前提条件を抜きにした)ただの失敗に対するテンプレ的な反応に過ぎない場合も多い。*1

*1:別に「努力するのは無駄」とかいいたいわけではない。念のため。

タグ:言葉 社会
posted by RPM at 03:51 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。