2013年03月18日

そして、インターネットはGoogleリーダーを失った

Googleリーダーの終了が決まった。WebタイプのRSSリーダーとしては恐らくぶっちぎりのシェアトップであったことから、その影響も各所の反応も相当大きい。サービス終了自体は7月1日とまだ先なので、即座に移行作業に入る必要はないが、今後どうするかはそれなりに目星は付けておいた方がいいかもしれない。

実際に自分もメインのRSSリーダーはこれだったから、どうしたものかと考えているところ。

終了の理由しては「利用者数が減った」という建前になっていて、それを信じるなら「RSSリーダーはビジネスとして利益が出るほどの利用者数を確保できなかった」ということになるのだろう。同じGoogleのRSS関係の話題としては、去年の時点でFeedBurnerを買収してからおこなっていたフィード向け広告(Adsense)を終了させている。

この勢いだとFeedBurner自体が終了する日もそう遠くないのかも知れない。そうなったら自分のブログももろに影響を受けるから、リーダーとのダブルパンチは正直勘弁して欲しいのだけど。

多分ほとんどの人は「大量の情報を処理する」必要がなかった

「RSSリーダーはなぜ広く普及しなかったのか」という話題はブログ界隈では何度も語られてきたが、「RSSリーダーの利用者を増やせなかったお前ら(ヘビーネットユーザ)が悪いんだよ!」という話を翻訳記事であるが早速見かけた。

RSSを「スゴイ」と感じた人は、周囲の人に一所懸命魅力を伝えようとしていた。曰く「興味のあるものを予め登録しておいて、面白いものだけを見ることのできるテレビみたいなものなんだよ」等。しかしこうした説明では魅力はあまり伝わらなかったようだ。別の説明もにたりよったりだった。RSS自体が、目に見えないもので機能する、おたくっぽいものだったのだ。

中略

Readerがなくなることに怒りの声をあげている人も多い。しかし結局、そうした人びとも、RSSの魅力を活かし、広めていくことができなかったのだ。Google Readerを使うべきであると、人を説得することができなかったのだ。そうしてGoogle Readerは死んでいくこととなった。人びとが利用しないテクノロジーというのは死んでいく定めにあるのだ。

Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった | TechCrunch Japan

恐らくある意味で、これは正しい。日本のネットでも「RSS凄い!こんなに情報収集が捗る!!」みたいな記事は定期的に話題になったが、その手の記事は「今や情報洪水時代!効率的に処理しないと埋もれて死ぬ!!大量のフィードをチェックしてデキる情報強者になろう!!私のフィード登録数は53万です。一向に構わんッッッ!!」みたいな論調で書かれることが珍しくなかった。まあ53万は言い過ぎにしても、平気で4桁数のフィードを登録してるとか語ってる人はそれなりにいたと記憶している。

上の記事ははてブで結構叩かれているが、これは元々「情報洪水をRSSで真っ正面から処理する」ことを是としていたライフハック系のサイトが、Googleリーダーの終了と共に「ごんめーwやっぱり間違ってたわーw たくさん読むだけ無駄だしソーシャルでええっしょwwGoogleが決めたんだから間違いないしwww」と転向した姿だと整理すればしっくり来る。RSSリーダーの利用方法を膨大な量のポスティングチラシを、1枚1枚チェックして、「有益な情報がないか」探す* ような行為だと考えている方々が、そのままのイメージでRSSリーダーの活用を積極的に薦めるような記事を書く、というような構図が(一部方面のサイトで)散見された。これでは「身近なサイトの更新をチェックするため」にRSSリーダーを使ってた人と話が噛み合わないのは、ある意味当然だろう。

個々人のRSSリーダーの使い方は別としても、インパクトのある「数百・数千のサイトでもRSSリーダーならチェックできます!」という大きい声がネットで拡散。それを読んだ人が「数千?俺には全然関係ない世界の話か」と理解してしまう事態はあったように思う。この手のある種本末転倒的な“効率化方法”が、海外ニュースをストレートに翻訳するだけのブログやライフハックサイト経由で話題になるのは見慣れた光景だ。

もちろんこれが決定的だったという話ではなくて、現実的には多くの人にとっては「RSSリーダーに入れるほど巡回してるサイト数がなかった」という辺りが正解に近いのだろう。ただイメージとして、今の今まで「RSSリーダーを身近に感じさせる」という行為に失敗し続けて来たのは間違いない。もし成功していたら、今のNHKが「番組のTwitterアカウントはこちらで〜す☆フォローしてね♪」とか言い出す何年も前に、「番組のRSSフィードURLはここで〜す」とか宣伝してただろう。

とはいえ「ネット先進国のアメリカですらできなかったんだから、日本にそう簡単にできるわけがないだろ」と言われれば、まあ返す言葉はないわけだけど。

ストイックさと自由度の高さこそが「普及しない」理由だったかもね

下のリンクは上でリンクした記事への反論エントリなんだけれども、笑ってしまうほど前提にしている「RSSリーダー像」が違う。要するに同じツールでも、人によって使い方がまったく異なるというわけだ。

RSSリーダーの使い方は工夫のしがいがあって、自由度が高い。

例えば更新頻度が高いニュースサイトのタイトルだけざっくりチェックして見たい記事だけ読むことができるし、逆に更新頻度が低いブログの記事を逃さずチェックすることもできる。はてブのタグ検索をブクマ数で調節して、あまり注目されてない記事を掘り起こすことや、今はできないがTwitterでブロックされたらRSS経由で読むこともできた。もちろんライフハックブログがオススメするように、数千のフィードを放り込んで読むことを諦め、「全部既読にする」を連打することだってできる。

この使い方の自由さと、「調節しただけダイレクトに出力結果に返ってくる」というストイックさこそが、RSSリーダーの真骨頂の一部かもしれない。

ただ結果として、その「自由」と「ストイックさ」こそが逆説的に“普通の人”を遠ざけていた可能性はある。「自由にカスタマイズ」するには当然(フィードやその加工の)知識が必要で、知識を得るには勉強するか経験を積むしかない。例えカスタマイズできるようになっても、最終的に得られるのは「フィルタリング&整理された情報や記事」だけだ。

「(何かを)登録して読む」という点ではRSSリーダーもTwitterも同じじゃないかという意見はある。しかしTwitterは「とりあえず有名人や友達をフォローする」というわかりやすい取っ掛かりがあるし、Botでなければ相手は人間だからコミュニケーションが生まれる。RTで思いがけない投稿が流れてくることだって珍しくない。そもそもTwitterは「受信」だけじゃなく、同じサービス内で「発信」できるという大きな違いがある。

結局のところ「使い方を覚えてカスタマイズすれば便利に使える」という意見は、裏を返せば「使い方を覚えてカスタマイズしなきゃ便利に使えない」ということでもある。世間一般の評価として、Twitterは使い方を覚えられるぐらい訴求力があったが、RSSリーダーにはなかったという話に落ち着いてしまうのではなかろうか。

「ソーシャルメディアがRSSリーダーに取って代わる!」という話

TwitterやFacebookがあるんだからもうRSSリーダーなんていらないだろ、という話はある。これは一面では正しく、実際に自分でもTwitter経由で記事を見つける場合は多い。ただそれが「だからRSSリーダーはもういらない」に直結するかと言えば、また話は違うだろう。

アクセスランキングやはてブのトップページが「みんながこの記事やサイトに注目しています!」というものであるように、ソーシャルメディアにでてくるリンクは「フォロワーや友達がこのサイトに注目しています!」ということにすぎない。あくまで選択基準は外部にあって、勝手にPOSTされるのでチェックするのに楽ではあるが、ピンポイントで見たいものが現れるとは限らない。単なるランキングに比べればソーシャルメディアのノイズフィルタはそれなりに優秀だが、それでもノイズはある。

その点、RSSリーダーは“自分が登録したフィード”しか表示されないのだから、厳選すれば自動的に「完全に自分に最適化された記事」が勝手にピックアップされる。「友達が選んだ」より「自分が選んだ」方が精度が高いのは当たり前だろう。

そもそもの問題として、その「ソーシャルメディアに流れてくる記事のリンク」は誰が発見してPOSTしたのだろうか。山のようにある新たに投稿された記事から、面白い記事をピックアップしてくるのは、情報流通の上流にいる、いわゆる「アーリーアダプター」や「インフルエンサー」などと呼ばれる人達のはずだ。彼らのような人がわざわざ「大多数の人間が使わないRSSリーダー」を使って情報を選別してくれるのだから、その人たちから道具を奪ってしまってはどうしようもない。

「ソーシャルメディアに任せる」というのは、ぶっちゃけてしまえば「他人に任せる」ということだ。だったらその“他人”がストレスなく効率的に活動できるようにした方がいいわけで、「Twitterありゃいいだろwww」というドヤ顔はかなり的外れだ。全体から見れば「私がTwitterで面白い記事を見つけるために、皆さんはぜひRSSリーダーをどんどん使ってください」という立場を取るのが、回り回って結果的に自分の得になる可能性が高くなるのではないか。

Googleの独り勝ちで「Googleで終了=全部終了」という流れに

この記事も含めて今回の騒動によって「RSSとリーダー全般」の話が盛り上がっているが、その話題性とは逆に、実際はGoogle一社のサービスが終わるだけだ。まあRSSリーダーの利用が広まらなかったのは事実だろうが、それは今急に起こった事態ではない。これはずっと前から言われ続けてることで、何も目新しさもない話題だ。

それでもこんな大騒動になってしまうのは、Googleが以下のような現状を作ってしまったからだろう。

Googleリーダーみたいに市場を食い荒らしまくって、他のRSSリーダーサービスを終焉に追い込んでおいておきながら、風向きが変わったら、さくっと終わってしまうことのほうが大問題。

F's Garage @fshin2000 :全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb

Googleリーダー自体の使われ方と、その利用者層がどんな人達なのかをGoogleが理解していなかったということはないだろう。実際に公式ブログでも「熱心なユーザがいた」とわざわざ書かれている。

同社公式ブログには、「熱心なユーザーがいるものの、何年にもわたり利用者が減少している」とし、サービス終了の要因が記されている。

Google、春の大掃除2回目で「Google Reader」の終了を宣言 | 携帯 | マイナビニュース

それでもやめるということは、要するに「いくらギークやインフルエンサーなんて持ち上げられてる連中が使っていても、ビジネスにならなきゃあっさりやめるし、移行先もこっちでは都合しないからお前らで勝手にしろ」という立場を再度明確にしたということだろう。もちろん営利企業として儲からないビジネスを止めるのはまったく普通なことで、おかしなところはない。しかしこれは裏を返せば、Googleが良くも悪くも「普通の企業」に近づいたということじゃなかろうか。

Googleといえば今まで「技術で世界を変える」「ギーク万歳!」「フリーサービスやフリーミアムの代名詞」などの戦略で語られてきて、その辺の“古めかしい企業”とはそのイメージで一線を画してきた。それは今も大枠では変わらないと思うが、近年は色んなサービスを閉鎖・統合したり、実際のAndroid端末を自ら発売してるところを見ても色々変わってきた部分も多いのだろう。

「Googleリーダー終了」自体は、大多数の人にとって直接的な影響は恐らくほとんどない。しかし、「Googleが変わってきたわかりやすい証拠」としてはそれなりに大きな出来事ではなかったかと思っている。まあ自分の観測範囲では「Google WaveをやめたときからGoogleは変わった(終わった)」と言ってる人もかなりいたので、そういう人から見れば「今更なにを言ってるんだ」という感じなのかもしれないけれども。

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | Internet・Webサービス | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

「iOS版Google Mapsが出たからもうiOS6にしても大丈夫だよね!」問題

標準アプリからGoogleマップが外されたiPhone5&iOS6が、ヒドイ酷いと言われ続けたApple謹製マップと登場してから早数ヶ月、やっとiOS版のGoogle Mapsが登場した。

自分もiPhone4sを使っていて、当初は早い段階でiOS6へのアップデートも考えていたものの、あまりにも地図の評判が悪いので躊躇してしまい、未だにiOS5のままになっている。このニュースを聞いて「おお!やっとこのiPhoneもOSのアップデートができるのか!」と思ったのだが、よく考えてみると地図は地図アプリだけで使われているわけではなく、様々な各種アプリからも呼び出されて使われている。

iOS版Google Mapsをインストールしたとして、自分自身が地図を使う場合は意識してGoogle Mapsを起動させればいいだけだが、他のアプリが地図を呼び出す場合はそうはいかない。基本的にApple製マップが利用されるわけで、結局それではパチンコガンダム駅の餌食になってしまう。別アプリ経由で地図を使うことはあるので、「うーん、やっぱり今回もまだ様子見か……?」と思って諦めかけたのだが、どうやら他のアプリからでもGoogle Mapsが使えるSDKも同時公開されていたらしい。

ただ当然ながらこのSDK自体は単なる開発ツールにすぎないので、アプリ(の制作)側で対応してもらわない限りAppleの地図が使われ続けることになる。上記の記事によるとGoogleへの登録とキーの発行が必要とのことなので、実際にGoogme Mapsを使うアプリが出るのはまだ先になりそうだ。また、例え実際にGoogme Mapsを利用したアプリが出てきたとしても、自分が使っているアプリがGoogle Mapsに切り替わるかは(公表されない限り)わからない。

結局iOS6にして良いのか、悪いのか

(地図だけが問題なら)自分が地図を利用するスタイルによる。簡単には以下のようにまとめられると思う。

  1. 地図アプリ経由でしかマップを使わない
    → 地図を使うときに(Appleのマップではなく)Google Mapsを起動すればいいだけなので、恐らくアップデートしても問題ない。
  2. 他のアプリでマップを使う機会がある
    → そのアプリの重要度や使用頻度による。あまり重要でないならアップデートしてもいいだろうし、非常に重要なら最低でもそれがGoogle Mapsを呼び出すようになるまで待った方がいい。
  3. とにかくすべてがGoogle Mapでないと困る
    → 自分が使ってるアプリが全部Google Mapsに対応するまで待とう。(もちろんいくら待ってもダメかもしれない。)

ちなみに自分の場合は「2.」だと思うので、もう少し待ってみようかなと思っている。

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | ハードウェア・ガジェット | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

ネットの犯罪予告ではあっさり逮捕され、現実の脅迫犯が捕まらない理由

先日以下のようなツイートをしたら興味深い体験談がReplyで寄せられたので、記事にしてまとめたものを紹介。

POSTした内容は前者が当然なりすましウイルスによる冤罪事件のことで、後者は最近特にネットで話題になっているバスケマンガの脅迫犯のこと。単に脅迫状を送りつけるだけじゃなく硫化水素を利用したりと相当凶悪性が高く、コミケではジャンルそのものが規制される事態になっている。

今月12日に上智大(東京都千代田区)で発見された液体が、気化すれば致死量を大幅に上回る硫化水素を発生した可能性が高いことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

黒子のバスケ作者脅迫 致死量の硫化水素発生の可能性 - MSN産経ニュース

これに関しては「現実世界(ネット外)の方が直接的に脅迫がおこなわれているのだからより悪質性が高く、影響が多方面にわたるのだから捕まえる優先順位が高いだろう。それに(特に今回の件では)物証も多数あるわけだし、捜査もより楽なのでは」という意味合いがあって投稿した。ところがどうやらそうではないらしい、という話を聞くことができた。

こちら側で簡単にまとめさせてもらうと、以下のような感じだろうか。

  • (少なくとも秋葉原の事件の前は)ただの脅迫状程度では警察はまともに動いてくれない。
  • 本格的に動くとしたら、何度も繰り返していて悪質性が高く、かつ公共施設が明確に狙われているような場合。
  • 地域がばらけると担当の警察(所)が変わるため、情報が共有されない縦割りのせいで重い腰がさらに重くなる。(前述のように単発的な脅迫状程度では動いてくれないので。)

「脅迫状の送りつけ」というのは、どうも話を聞く限り捜査の優先順位がお世辞にも高くない様子。まあ実際のところ1億2千万人も人口がいれば、毎日全国で山のように脅迫まがいの事件なんか起こっているだろうし、警察は脅迫状なんか見慣れすぎていて中々真剣に取り合わないのかもしれない。これは裏を返せばインターネットの利用頻度が高い人が、ネットの犯罪予告を(面白がって通報はするけど)、オオカミ少年のごとくほとんど真に受けないのと同じような図式と言えそうだ。

(注:今回のバスケマンガ脅迫の件に関しては、報道されているようにすでに捜査一課が動いているらしいので、放置案件ではない。)

ではどうして「ネットの犯罪予告の方はあっさり逮捕されたのか(事件として扱ってもらえるのか)」となるが、それはまず秋葉原のあの事件があったことが挙げられる。しかしそれとは別に、下の記事がヒントになりそうだ。

「IPアドレスが判明すれば、捜査は半分終わったようなものだと思っていた。想定外の事態ですよ」。ウイルス感染したパソコンが遠隔操作され、インターネットで相次いで犯行予告や脅迫が行われていたことが明らかになると、ある警察幹部はこう漏らした。

なりすまし事件、想定外が油断に 警察、被害者に自白強要か (1/2) - ITmedia ニュース

本気かどうかもわからず、人員が足を使って捜査し、地道にいくつもの物証を検証して、場合によっては他の地域の警察と連携しなくてはいけない「現実の脅迫事件」と、“IPアドレスが判明すれば、捜査は半分終わる”という「ネットの脅迫事件」、どっちを手がけた方が効率的か常識的に考えろ!……ということなのかもしれない。

普通に考えれば、「実際の脅迫状やテロ予告をそこら中に送りつける」の方が「ネットで吹き上がった犯罪予告をする」より犯人のリスクも(社会的な)優先順位もずっと高いように思える。しかし実際は「そうと言い切れない」レベルどころか、むしろ完全に逆じゃないのかという体験談を聞くことができた。個人的には「釈然とするかは別として(理屈は)納得はできる」という何とも言えない感覚を抱いてしまった。

おまけ

「服を買いに行く服がない」ならぬ「警察に被害届を出すための警察がない」状態。

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | 社会 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。