2012年12月08日

セインツロウ ザ・サードの廉価版に関するゴタゴタの件

先日、PS3/XBOX 360用ソフト「セインツロウ ザ・サード:フルパッケージ」が発売された。これはセインツロウ ザ・サードとそのDLCのほぼすべてが入った廉価版で、定価で4200円弱、値引き後なら3000円台と、去年のゲームではあるが「全部入り」としてはかなりお得なパッケージになっている。特に新規にセインツロウ ザ・サードを始めたい人なら、文句なくお勧めできる商品だろう。

セインツロウ ザ・サード:フルパッケージセインツロウ ザ・サード:フルパッケージ (PS3版)
セインツロウ ザ・サード:フルパッケージセインツロウ ザ・サード:フルパッケージ (XBOX360版)

ただこの「セインツロウ ザ・サード」、廉価版の発売に関して少々揉め事が起こっていた。実は今年の9月にはDLCを含まない「ゲームのみ」の廉価版が発売されていて、その発売から1カ月も経たないうちにこの「全部入り」廉価版が発表されてしまったのだ。

値段はほぼ変わらないのにDLCてんこ盛りの「完全版」をすぐ発表されたとあっては、廉価版を素直に買ったユーザは当然激怒。Amazonのレビューなんかはえらいことになってしまった。

スクエニはもうゲーム業界から消えて欲しいくらいです。
初めてですよこんなことを思ったのは

Amazon.co.jp: セインツロウ ザ・サード(廉価版)【CEROレーティング「Z」】の にっくさんのレビュー

この件では(DLCなしの)廉価版の発売元になったスクウェア・エニックスが叩かれまくっているのだが、実際のところ彼らが悪いのかはよくわからない。なぜならフルパッケージの方の発売元は「スパイク・チュンソフト」に変わっていて、一般的に言う「完全版商法」とは趣が異なるからだ。

entry_028_01.png

もちろん客としてはメーカー叩きに走ってしまうのもわかるのだが、これには○○が悪い!と簡単に断罪できない微妙な理由がある。

みんな金がないのが悪いんや……

このような混乱の原因を理解するためには、まずセインツロウの大本の発売元が「THQ」であることを押さえておく必要がある。これはアメリカはもちろんのこと、日本でも初代「1」から通常版「3」まではTHQの日本法人「THQジャパン」がソフトを発売していた。(THQが日本でゲームを発売するときには外部のパブリッシャを使うのは珍しくなかったが、看板タイトルであるセインツロウは一貫してTHQジャパンが販売していた。)もし廉価版が引き続きTHQジャパンから発売されていれば、恐らくこんな事態になっていなかったのではなかろうか。

entry_028_02.png

ではなぜ廉価版になって急にスクウェア・エニックスから発売される運びになったかといえば、THQジャパン(のオフィス)そのものが、THQアメリカ本社の業績不振の煽りを受けて閉鎖されてしまったから。これによってTHQジャパンは他社にライセンスを提供するだけになり、実際にソフトを発売するのは別の会社になってしまった。(ちなみにソフトはヒットしていたのになぜ経営が苦しくなったのかはここに詳しい。)

で、その「セインツロウ ザ・サード」の日本での販売権を引き受けたのがスクウェア・エニックスで、それをそのまま定価を引き下げ再発売したのが廉価版(XBOX 360版はプラチナコレクション)の正体だろうと思われる。

その後のセインツロウ ザ・サードのライセンスの動きはよくわからないのだが、「フルパッケージ」の方はスパイク・チュンソフトからの発売となった。可能性としては前出の怒った人のAmazonレビューに書かれているように、スクウェア・エニックスが廉価版を発売してすぐ販売権を手放してしまったのかもしれないし、あるいは最初から無印版とフルパッケージ版はライセンスが別だったのかもしれない。

ただいずれにしても、そもそも発売された会社が違うところから考えて一貫した販売計画があったとはとても思えない。逆にスクエニは(発売後すぐ完全版が発表されたのだから)単なる被害者だ、と見ることもできるだろう。(もちろんだからといってスパイク・チュンソフトが加害者、という話でもないのだが。)

権利のゴタゴタにゲームが巻き込まれるのを見るのは悲しい

セインツロウ ザ・サード自体はかなり良くできたゲームだと思う。メインシナリオが若干ボリューム不足という点を除けば、大真面目に作られたバカバカしい世界観、美しいグラフィック、ギャグとメタとパロディとケレン味が合わさった何とも言えないシナリオ展開などなど見所は多い。オープンワールド・クライムゲームとして近年のシリアス志向なGTAと違う道を選びながら、さすが二番手に一番近いと言われるだけのことはある作品だろう。

ただそういった良作ゲームが、ゲーム自体の出来ではなくライセンスや販売方法のゴタゴタで無駄に評判を落としてしまうのは何とも悲しい。そもそも日本でのセールスは広告費をロクにかけなかったわりに好調だったらしく、そんな状態で撤退を余儀なくされたTHQジャパンが一番無念だったのは間違いない。実は自分も「無印廉価版」を買ったクチなのだが、この「別会社からの早すぎる完全廉価版の発売発表」を聞いて思ったのは、損した云々の前に「うわー、ライセンス関係ゴタゴタしてるんだなー」とといったことだった。

もちろん大本のTHQ自体は(業績は相変わらず厳しいらしいが)潰れていないし、セインツロウの続編もすでに開発が進められているらしい。そういう意味では悪いニュースばかりではないのだから、できれば経営が安定して日本に再上陸していただきたいところ。例えそこまでいかなくても、最低限安定したライセンス契約を結んでもらって、今回のような商品を買った客が怒り出すような事態は避けて欲しい……というのが一セインツロウシリーズファンとしての願いではある。

 

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

僕の見た援助。 -studygift炎上記-

結局、希望者のみではなく全員に全額返金という形で幕を閉じることになった。中身としては元切込隊長が提案していた落し所にそのまま収まった、ということになる。表の主役が元ペパボ社長ああいう女性だったなら、その後公表された内情をいち早くぶちまけていたという点も含めて切込隊長が影の主役だったイメージが強い。

サービス自体の印象は以前書いた上の記事と変わらない。発端は大義名分と実態(中身)がずれまくっていたことで、その後も誤った情報で金を集め続けたことが最大の問題だったのだろう。さらに支援対象者が完全に身内だったにも関わらずそれを明確にしなかったこと。おまけに炎上中も批判を「やることこそが正しい」と突っぱね続け、最後に煽り返したのがとどめになった印象はある。ただ根本的にはサービス側のあらゆる対応が後手後手に回ったのが、大炎上の決定的な原因だろう。

今振り返って「何がダメージコントロールを不可能にしたのか」と考えると、大きく3つぐらいのポイントがあったのではないかと思う。

1.サービス開始前 - 「学費を支援する」なのに用意したのが身内の非学生

当たり前だが「学費・学生を支援する」というサービスなら対象は学生でなくてはいけない。これはもう揺るがしようがない根本的な話だろう。ところがその時点から間違っていたわけで、すでに説明が云々とかいうレベルの話ではない。まともに考えれば気がついた時点で即座に止めるか、逆に「これは学費とか一切関係なくて単に女性にお金をあげるサービスです」あたりに看板を掛け替えるぐらいしか、個人的にはつじつまを合わせる方法が思いつかない。

「よかった。学費が払えない学生は“本当に”いなかったんだ……」

これによって大義名分はまったく通用しなくなり、本人達は否定しているが「騙して身内をプロデュース」という行為そのものになってしまった。これはまさに企画の根幹に関わるところだったはずだが、事後の対応を見る限りほとんど詰められずにオープンしたようだ。「学生を助けたい!」→「学生じゃないじゃん」というのはもうコントのレベルだろう。

とはいえ“彼女の(奨学金についての)話ありき”と本人達が語ってるので、もう企画スタート時からどうしようもなかったと言えるのだが。

下半身“で”火をつけろ!

前の記事でもネタにしたように、炎上初期では「(こんなサービス作るぐらいなら)お前が直接金を出せよ」と散々言われていたし、中盤を過ぎたあたりからは「付き合ってる女のために〜」というあたりに注目が移っていった。とはいえ炎上ではなくサービスそのものに着目した場合は、交際云々というのはあまり重要なポイントではなかったと思っている。なんせ受益者と運営が一心同体だったわけで、下心があろうがなかろうが「身内のためのサービス」であったことは揺るがないからだ。

とはいえこのポイントは後に別の効果を生み出す。「炎上したWebサービス」というよくある話題から、「ネット有名人のゴシップネタ」というあまり人を選ばないうえに珍しい話題に注目点が変化した。やれ教育がどうの、奨学金や支援がどうのという社会的なテーマに話が終始したなら、ここまで耳目を集めるのは不可能だったように思える。だがそれが「有名人が女のためにサービスを立ち上げ、詐欺まがいの方法で善意の金をむしり取る」という見立てになったらどうか。これは盛り上がらないわけがないダブル役満ぐらいのネタだ。

つまりあの人選は前述のように学費支援という企画にまったく適していなかったが、逆に「炎上の燃料」としてはこれ以上ないほど適任だったということになる。「適材適所」という言葉の偉大さを改めて感じる事例かもしれない。

ちなみに「実際どうだったのか?」については影の主役である切込隊長が以下のように語っているので、憤慨したり噴飯したり個人で好きにすればいいんじゃなかろうか。

2.サービス開始後 - 前提となる情報を書き換えるが集金は続ける

学費募集のための初っぱなのアピールが「Google+で1位です!」で、この時点からすでにおかしいとも言えるが、それ以上に金を集めてる真っ最中なのに「すでに退学してる」「金が集まっても復帰できるか不明」などととサラッと書き換えたのが凄かった。せめてこの段階で集金を停止していたらまだなんとかなった気もするが、このサービスを開発をした「Liverty」という集まりの理念は以下のようなものらしいので、それも不可能だったように思える。

「ものすごいスピードで立ち上げる」という活動理念だ。Web業界では、サービスが荒削りでもβ版としてリリースして実際に使ってもらい、ユーザーから意見をもらいながらブラッシュアップしていく文化がある。「走りながら考える」(ヨシナガ氏)というLivertyのやり方はまさにその文化を体現するものだろう。

studygiftはなぜ暴走したか 「説明不足」では済まされない疑念、その中身 (2/2) - ねとらぼ

先にリンクした「ざまーみろ」を見る限り、内部では「(サービスを止めず)金を目標額集めた時点で円満終了!」と思っていたのだろう。ところが実際は中間点でしかなく、全員返金が終着点ならばむしろ“その後”の方がずっと長かったことになる。(サービスの開始は5/17で、目標額が集まったのが20日。返金決定は28日。)この間「誤った前提で集めた金を握ったまま言い訳を続ける」という行動を続けていたのは、詐欺まがいと言われても仕方ないレベルで、印象を決定的に悪くしたのは間違いない。

3.炎上後 - 「行動すること=正義」という噛み合わない言い訳

この騒動で関係者がしきりにアピールしていたことが二つある。一つは「行動することは正しい。だから俺たちは正しい(≒行動しない奴は悪)」という理念、もう一つは「困ってる苦学生を助けることに何の問題があるんだ」というもの。以下の発言あたりがそれを端的に表している。

「困ってる苦学生を助けたい」というのは完全な正論であって、基本的に叩きようがない。2chに投稿されるような煽りレスを覗けば、そこに文句をつけることはまずないと言ってもいい。実際問題として多くの人は記事内で「困ってる学生を助けることには賛同しますが」と前置きしていた。

そう、最初から問題になってたのは「目的(建前)と行動が一致していない」ということで、つまり手段の話だ。なのにそこで出てくる反応は“苦学生を助けたい”というアピールで、「学生を助ける側 vs 助けない口だけ野郎」という構図を演出する。これは印象操作の手段としてはポピュラーだし、身内へのアピールとしては悪くないだろうが、およそ誠実な態度にはうつらないだろう。

前者の「動くこと=正義」はアピールとしてはさらに狡猾だ。この前提に立つなら何か行動する時点で自動的に正義側に立つことができ、当事者がこの論法を使う限り(自分の中では)無敵の状態になる。なんせ行動するから当事者なのであって、「当事者が何も行動しない」ことはまずありえない。予防線としてはかなり汎用性が高く、すでに成功者である点も含めて人によっては絶大な効果がありそうだ。

ただ個別のやりとりとしてはともかく、端から見れば「話が通じない人」と思われてもしょうがない。なんせ根本的に話が噛み合ってないのだ。恐らく周囲の元からいた「ファン」を満足させるのには役に立っただろうが、それ以外の第三者には「目的は手段を正当化させるんだ!」という言葉を繰り返してるようにしか見えなかっただろう。

ブレーキが存在しないアクセルだけの車

今までの3つのポイントを振り返れば、要するに「ブレーキがないアクセルだけの車に乗ったら盛大に事故った」という感じだろうか。

企画時に“苦学生”の経歴をはっきりさせたり、サービス開発中に早稲田に問い合わせたり、学生じゃないとわかった時点で集金を止めたり、もっと早く返金を決定したりすればここまでグダグダになることはなかったはずだ。だが多分、内部に「ブレーキ役」が誰もいなかったのだと思う。結果としてstudygiftという車はアクセルだけを搭載して発進した。

その後はご存じのように車はあらぬ方向に向かって爆走し、坂道を止まることなく転げ落ちて、壁にぶつかって爆発炎上。もちろんアクセルは最後まで踏みっぱなしだ。しかも納得してこの車に乗った当人達はまだしも、この騒動で早稲田には大量の抗議電話がかかってきたらしい。これじゃある意味「ひき逃げをくらった」ようなもので、実は早稲田が一番貧乏くじを引いたポジションかもしれない。

ちなみにこの件に関して「これで誰が幸せになったの?」と言ってた人がいたが、安全な無人地帯か相当運がよくない限り、暴走自動車に乗って幸せになることはあんまりないんじゃなかろうか。安全な場所からコンテンツとしてニヤニヤ眺めている人間は別として。

運営者談「もうちっとだけ続くんじゃ」

今studygiftのサイトはトップにデカデカとお詫びが掲載されていて、途中からやっていた新規の学生の募集も停止している。だが仕切り直してまだ続けるつもりらしい。まあ実際何度も「やめない」と語っていたので、意欲があるのは間違いないのだろう。

ただ再開するにしても、また“ああいう女性”を再度すぐに使うのかというのが気になるところだ。話題性を重視するなら早めに再開する必要があるが、それだと「単にほとぼりが冷めるのを待ってただけかよ!」という反応は避けられないだろう。逆に時間をおけば火種が消える代わりに話題性も落ちるわけで、「ああ、そんなのありましたね。あれは豪快に株を落とした一件でしたね!」と古傷を呼び起こしたあげくサービスそのものはまったく話題にならず消える、という悲惨な結果も予測される。

やる気はともかく近年まれに見る10日以上も炎上を続けた凄い案件なので、リセットするにしても難しいだろう。ただ炎上したサービスの多くが終了という形でケリを付ける中で、本当に復活を目指すならそれはそれで興味深い。ただ近年さらに情報の消費が早くなったこのWebでは、半月もすれば関係者すらstudygiftの存在を忘れてる……というオチすらあり得る恐い時代なのだが。

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | 議論・揉め事 | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

Webに爆誕した「studygift」という善意の塊の壮絶なオチ

このサービスに関してはかなり早い段階で「マネーの虎」と表現している人がいて、それに納得したので確かにこれだけ揉める(炎上する)のも当然だなと思って見ていた。要するにこれは「その人物とプレゼンを公開コンテンツにして金を出してもらう」というシステムで、言い方を変えれば「人間そのものを面白コンテンツに変換し、個人情報と身を削って集金するサービス」あたりが多分実態に近い。(恐らく関係者は否定するだろうが、実際問題としてそういうサービスとしてしか作られてなかった。)違いとしては資金を募る相手がマネーの虎では実業家のみだったが、今回のは別に金持ちじゃない不特定多数が対象だったというあたりだろうか。

マネーの虎の視聴者がコンテンツと化した“志願者”に何を求めていたかといえば、正の方面では「人を納得させるプレゼンと金を受け取るに値する人物(人格)」で、負の方面では「アホなプレゼンをかまして成功者にボコボコに叩かれる暗愚な凡人」だった。基本構造が変わらないのだからこのstudygiftにも同じものが求められていたわけで、“適切なコンテンツ”さえ供給されれば視聴者(今回はWebなので「閲覧者」か)は満足して拍手喝采するはずだった。しかしここで致命的なミスを犯してしまう。

「さあ!右や左の旦那様!!」と勢いよく始めたのはいいものの、壇上に上がったのは「Google+で一位になった」とか全力でアピールするiPhoneいじってる女子大学生。奨学金が打ち切られたと言うだけで理由も背景もほぼ何も語られず、「PCにステッカーとか貼るよ!」「SNSで宣伝するからサンプルとかよろしく!」とか大アピール。おまけにこんなイベントで露出しまくってたせいで余計にイメージが悪くなるありさま。これはもう善意で金を集めるコンテンツとしては最悪に近く、この時点で客が望むのは「ノーマネーでフィニッシュです!」しかありえない展開になっていた。

さらに悪かったのはこの人物を前面に押し出して大プッシュしたせいで、「学費支援」という建前自体がほとんど機能しなくなったこと。端から見れば「すでに一定の知名度のある人物がコネで実業家にプロデュースしてもらい、本人から金をもらうならまだしも、不特定多数からその知名度でさらに金を集金する」という構図でしかなく、開始直後から地雷原にそびえ立つ火薬庫のような様相を呈していた。

で、どうなったかといえばもちろん大炎上。Web界隈のみならず、最初にリンクした記事のように2chの格好のウォッチ対象になり、まとめWikiまで作られるレベルになった。「なぜ炎上するのかわからない。寄付したい人だけ寄付すればいい」という意見はいくつもあったが、そもそも“人間自体を公開コンテンツとして不特定多数相手に使う”というサービスの時点でそれは不可能だったろう。だが結果としてこの記事によれば300万円以上(一般98万+企業10万×20社以上)がたったひとりに集まったわけで、目論見どおりかそれ以上の大成功だったのは間違いない。

ちなみにこれ、マネーの虎の話に戻すなら「局の仕込みでどっかのタレントが志願者に。糞過ぎる企画アイデアとバカにした口調でひんしゅくを買いまくるが、結果はなぜか3000万円でマネー成立!おめでとうございます!!」という感じだろうか。これにせめて内部からツッコミが入ればよかったのだろうが、(ネタを仕込んだ)本人から出てきたセリフは「ざまーみろ!」だったわけで、そりゃもう火事現場にタンクローリーを突っ込ませたような対応だった。本人達はその後“炎上狙ってない”と語っていたが、この時点では「まったく言い訳になってないし、もし本気ならむしろそっちの方が凄いね!」という感想しか浮かばなかった。

善意の学業支援かと思ったら個人的な下半身支援になっていたでござる

普段ならこれで「はいはい炎上マーケティング大成功。実業家と企画者はWebサービスを成功させ、女子大生は学費を受け取り、ネットユーザは騒げるネタを提供してもらってWin-Win-Winですね!」と終わっていたのだが、どうやら今回はそうではないらしい。「ネタばらし」的な記事がいくつも出てきている。

いくつか列挙するだけでも

  • 大学生だと思わせていたらとっくに退学していて単なる「元大学生」だった。
  • というか2年前期までしか学費を払ってないので、実質的に1年半しか在学してなかった。
  • すでに退学してるので金が集まっても学費に使えるかすら不明。
  • 彼女の(奨学金についての)話ありきで、救いたいと思って作った”とのことで、「学生」支援という建前がまともに機能しないのは必然だった。(実際に他の学生が利用しようと思っても参加フォーム自体が最初は存在しなかった。)
  • “説明が足りなかった”“誤解を招く可能性”ということで、実は言い回しや表現の問題だったという落し所にしようとする凄い言い訳。
  • 「学費支援プログラム」だが、次の学生が利用できるかは色々込み入ってるのでまったく未定。

とまあ中々豪快な内容。さすがにそのまま続けるのは無理と判断したのか、希望者には返金するという形に落ち着くようだ。

前述のとおり、個人的にはこの炎上ネタは「最初に提供されたコンテンツが糞過ぎたので建前がまったく機能しなかった」という問題だと思っていた。端的にこれを表現したツイートがあったので引用すると以下のような感じ。

ところが実際はそれ以上に内情がぶっ飛んでいて、下半身パワーが全開だったのは金を支援をする方だけじゃなくサービス企画者もそうだったし、女子大生だと思っていたらGoogle+で話題になった時点ですでに学生ではなかったし、そのせいで「学費支援」というサービスの建前というか屋台骨自体が揺らぎまくっているのに「お前らが誤読したのが原因だ」と言い出したりと、想像以上に面白すぎる案件に発展してしまった。本来人間をコンテンツにするならガチガチの予防線をはっておくべきで、今回の学費支援サイトなら、最初のコンテンツは絶対に「どこからも叩きようがない優秀なのに報われない苦学生」あたりを用意しなきゃ話にならなかった。とはいえ前述のように“彼女の(奨学金についての)話ありき”だったわけで、そういうルートは最初から存在のしようがなかったわけだけど。

女子大生の為に徹夜で頑張る男の動機は下心。100%下心。

女子大生の為に頑張る男は下心。 - 真性引き篭もり

しかし、今回はむしろ炎上して良かったんじゃないですかね。これが綺麗にそのまんま終わったら、発案者の好きな女性へのプレゼント企画にみんなの奨学寄付がまんまと流用されたという事態になっていたわけですから。

僕秩ヨシナガさん、自身が想いを寄せる女性への寄付を募る目的でStudygiftを立ち上げたということでFA: やまもといちろうBLOG(ブログ)

この件に関して「拙速」と表現してた人がいたけど、もし下半身に血が集まってこの結果になったんなら「拙速案件」というより「早漏案件」と呼称した方が実態に近かったんじゃないですかね。

……といったところをオチにして記事を終わろうと思ったら、その後「本当に下半身直結の話だったよ!」というネタが出てきてしまった。

このお二人が付き合ってる(一部では同棲中とも)という噂は以前からありましたね。 同じ時に同じ景色を撮ったという写真でバレバレになったり。

(中略)ヨシナガ氏のメルマガに、ある時から突然、スタッフとして表記されるようになったり。

惚れた女(坂口綾優)のために皆からカネを集めたヨシナガ氏は男の鑑だね! #Studygift|【がらくたチップス】

こういうのは“「口説く代わりにWebサービスを作って親切アピール」という新たなDT力の発露”みたいなネタ的煽りだからこそそれなりに面白いのであって、本当にズブズブだった結果がこのありさまなら真のそびえ立つクソにしかならない。「支援プラットフォーム」というスケールのでかいテーマを掲げて立ち上げ、早稲田を巻き込んで大炎上したかと思ったら、最終的になぜか個人の下半身問題に集束という息もつかせぬ超展開。もはや学費支援がどうとか一切関係なくて本当に凄いオチですね。

posted by RPM at 10:00 | TrackBack(0) | BackLink | 議論・揉め事 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。