2011年05月25日

女子力を上げて男を落とせるモテ女子になるための最近の方法まとめ

こんにちは、ハイパーモダンイノベーティングソーシャル超ド級ラブマネジメント略して「モシドラ」を専攻している宍戸嬢です。私は学歴も知識もありませんし、見た目は上の中の下ぐらいですが、恋愛に関しては"プロフェッショナル 仕事の流儀"に出てくる脳学者の納税態度ぐらいのプロフェッショナル。今回は、モテる女子力を磨くために本当に役立つ記事をご紹介したいと思います。巷にはびこるいいかげんな「女子力アップ」の記事に騙されないためにも、「恋愛マネジメント」を極めたこの私が自信を持ってオススメできる記事だけをピックアップしました。

1. 「囲碁ガール」になって理系イケメンをゲットしよう!

今更ですが時代は囲碁です。当然のように合コンに碁盤を持って行きましょう。そして好みの男がいたら話しかけ、わざとらしく碁盤を出していじってみましょう。そして「あ〜ん! この碁盤本当にマジでチョームカつくんですけどぉぉお〜!」と言って、男に「どうしたの?」と言わせましょう。言わせたらもう大成功。「囲碁とか詳しくなくてぇ〜! ずっと碁盤持ち歩いてるんですけどぉ〜! 使い所なんですぅ〜! ぷんぷくり〜ん(怒)」と言いましょう。だいたいの男は囲碁のルールをマスターしたがる習性があるので、碁器と対局時計を使っているはずです。

そこで男がおもむろに「対局しないの?」と言ってくるはず(言ってこない空気が読めない男はその時点でガン無視OK)。そう言われたらあなたは「なんかなんかぁ〜! 最近囲碁と王様ゲームを混ぜた『囲5様ゲーム』が人気なんでしょー!? あれってどうなんですかぁ? ルールわかんなぁぁああい!! 私かわいそーなコ★」と返します。すると男は「連絡先とかビンタとかゲットできるやつでしょ? 本当に良くわからないみたいだね。よし、ルールを教えてあげるよ。」という話になって、「理系クン囲碁メン」を簡単に釣ることができるというわけです。あなたの囲碁力が高ければ、「碁クササイズ」でダイエットにも成功しちゃうかも!?

2. 深夜にひとりでワンカップ酒をあおるとモテる

みんなとお酒を飲むのって意外と疲れるものです。同性はもちろんのこと、男性と飲むとなるとそれ以上に気をつかってしまい、お酒や料理の味も楽しめなくなってしまう。そんな女子にぴったりなのがワンカップ酒。帰宅途中のコンビニで『ワンカップ大関』を購入すればこちらのもの、夜のバラエティ番組を見ながら飲み食いして、自由な夜の生活を満喫できます。

バーとか居酒屋で飲んでもお金ばかりかかって癒やされない、家で『ワンカップ大関』を飲むのが唯一の楽しみ、そんな女子力の高い女子たちが行き着くのがこの「ワンカップ女子」です。今日も酔いながら眠りについて、翌朝にはストレスが消えたカワイイ自分がそこにいるはず。

もちろんそれだけでは男にアピールできませんから、Twitterを使って「家呑みなう><」「ワンカップ大関とさきイカのコラボマジ最高なんですけどぉーー!><」などと書き込みましょう。すると男性ユーザーは「なんかこの子カワイイなぁ」や「支えてあげたいかも」と思ってくれます。インターネット上では現実世界よりもイメージが増幅されて相手に伝わるので さらに「><」 を多用することによって、男性はあなたを可憐で女の子らしい酒飲みと勘違いしてくれるのです。

3. 吉野家にひとりで入って牛丼カレーを注文して「錬金女子」になる

女性の吉野家に対するイメージといえば、忙しいサラリーマンの食事処? おじさんたちの憩いの場? とかそんなのばかり。よって、女性にとってはひとりで入りにくい場所です。でもそこで適当に「今日はパスタにしよう」とか「弁当持参も悪くないかな」と考えてしまうと、女子力アップの道は絶たれてしまいます。ダメ女だと周囲にバレたら終わりです。そもそも真に女子力が高い女子は吉野家に堂々とひとりで入り、牛丼や豚丼を注文しているのをご存知ですか?

昼休みは無意味にテンションをあげて、「食べたーい!  大きい丼にご飯とカレーと牛丼と温泉卵が混ざった『牛丼カレー』で錬金女子になりたーい♪」と叫んでおくのが正解。たとえ何が錬金術に関係あるのかわからなくても、テンションと積極性でその場を乗り切りましょう。積極的に引っ張ってくれる女性に男は弱いのです。それに錬金術は「等価交換」が基本、恥ずかしがっては女子力アップは望めません。

4. レストランではヒヨコを助けるために泥酔してお漏らししよう

男とレストランに入ったら、相手は真っ先にオムライスなどの卵を使った料理を探して「ここのオムライス美味しいんだよ。TVでも紹介されたらしいよ。」とすすめられる可能性が高いといえます。しかしそこは「卵割ったらヒヨコが死んじゃうじゃないですかぁっ! 赤ちゃんかわいそうですぅ! まだ生まれてないのにぃぃ〜(悲)。ピヨピヨとすら鳴けないんですよ……」と常日頃思っているあなたは、そのまま食べたり、食べさせたりするわけにはいきません。でも不用意にそのまま言ってしまえば、ほぼ100パーセント「何この女?マジキチ……?」と思われてしまいます。

そこで「ごめんちょっと待ってっ><」と返答したあと、おもむろに昨晩買っておいた『ワンカップ大関』を5〜6個取り出し一気に飲みましょう。ここでまた100パーセント「なっ何やってるの?」と聞かれるので、うつむいて3〜5秒ほど間をおいてからボソッと「酔っちゃったぁー トイレの場所がわからないー><」と言います。男は何か反応するはずなので、たたみ掛けるように「トイレつれてって! 出ちゃったらやあよっ!」と身を震わせて言うのです。

その瞬間、あなたの女子力がアップします。もちろんオムライスを食べるどころではなくなるので、ヒヨコは助かります。そしてきっと男は「ワンカップ酒飲んでる上にひとりでトイレに行けないなんて素敵な女子なんだろう! 絶対にトイレに行かせてやるぞ! コイツは俺の女だ!」と心のなかで誓い、あなたに惚れ込むはずです。意中の男とトイレに向かうことになったら、さらに高度なテクニックですが、移動中におしっこを漏らすという方法もあります。「俺、家までタクシーで送っていくわ」と言わせる展開に持って行くために「アファーッ!(噴)」とか「やあよ……やあよゆうたのに」、「こんなんじゃ、みんなのところに行けないよぉアッファ〜〜ン(涙)」などを駆使すればOKです。

最後に

ここまで4つの女子力向上方法をご紹介しましたが、単独で使用するのではなく、併用することによってさらに効果を高めることができます。つまり

「普段から囲碁道具を持ち歩き、合コンでは碁盤を活用。昼には堂々とひとりで吉野家に入り、スタミナ満点の牛丼カレーをむさぼり食う。夜はワンカップ酒をコンビニで買って、深夜のひとり酒盛りでストレス解消。いざ男とオムライスを食べるとなったら、タイミングを逃さず泥酔してお漏らし。」

まさにこういう女性こそ最強に強まった女子力を持つといえるでしょう。インターネット時代における「女子力の権化」となれることを期待しています。

しかし残念なことに、これらを実際に実行しても男性が振り向いてくれないという極めてまれな事態もあるかもしれません。そのようなときは、女子力とはまた別の可能性が考えられますので、こちらを参考にすることをおすすめします。

(文=ハイパーモダンイノベーティングソーシャル超ド級ラブマネジメント・宍戸"モシドラ"嬢)

posted by RPM at 22:01 | TrackBack(0) | BackLink | ネタ | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

Seesaaブログのモバイルページを「改行をbrタグに変換しない」でも改行させる

Seesaaブログにも「モバイル端末でページを開いた場合に、自動的にモバイルテンプレートで表示する機能」は当然付いてるんだけど、困ったことにモバイルページはほとんどのタグを自動的に削除してから表示するようになってる。もちろん普通に使ってる分には改行がbrタグに変換されるので何も困らないんだけど、このブログみたいに「pタグなどでマークアップ済みの記事をそのままアップロードする」というスタイルで使ってると、改行が全くなくなって読めたものじゃなくなってしまう。(例えば今のFC2ブログは、ほとんどのタグをそのままモバイルページでも表示してくれるようになったので、この問題は起こらない。)

恐らくモバイルページング(モバイル向けに記事を数ページに分けて表示する)機能のせいでこうなってるんだろうけど、モバイル版のために普通の記事のスタイルを変えるのは嫌だったので「ああ、これはこういうものなんですね」と諦めて使っていた。

ところがこれは簡単なカスタマイズで解決できると判明。デザインから「コンテンツ(モバイル)」を選び「記事」をコンテンツHTML編集で以下のように書き換える。

変更前

<% article.entire_body | bodyfilter(article_info, blog) %>

変更後

<% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) | nl2br %>

変数部分にnl2brを加えただけ。pタグなんかが消えるのは変わらないが、これで文中で改行さえしてあればbrタグが追加されるようになる。もちろん「記事の投稿時点で(タグがあること前提で)改行が全くない」という書き方をしてるなら意味ないけど。

posted by RPM at 21:26 | TrackBack(0) | BackLink | Web制作 | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

若者のドラゴンクエスト離れ

上の話を読んでいて思ったのは、恐らく今の10代にとってドラクエは(昔に比べて)そこまで影響力を持たなくなったんじゃないの?ということ。とりあえずすぐに思いつく理由は二つ。

一つはRPGというジャンルそのものついて。(初代)ドラクエは日本人にRPGという存在自体を広めたエポックメイキングなソフトだけど、今の10代にとってはRPGなんて「生まれたときから存在するもの」だ。ドラクエはシリーズが進むごとに新作のリリース間隔が非常に長くなっていって、「RPGというジャンルへのファーストコンタクトがドラクエシリーズ」なんて人間の方が多分少なくなっている。

人間は最初に出会ったものとか、子供・青春の頃に熱中したものを非常に美化したがるから、一定の世代以上にとってドラクエの存在は非常に大きくなっているはず。でも今の10代は「生まれた頃からRPGというジャンルが確立していて、しかもライバルも山のようにいる」状態で育ってきている。もちろんいったん発売されればお祭り騒ぎになるぐらいの知名度なので、プレイしている可能性は高いだろうけど、直撃世代と同じほどの執着や愛着を持てるとはちょっと考えられない。ドラクエはあくまで「RPGの中の選択肢の一つ」ぐらいにドライに考えていても、全然不思議はないように思える。

もう一つも世代的な話になるけど、そもそも(今の10代は)「ドラクエの洗礼をどれだけ受けられたのか?」ということ。上でもちょっと触れたけど、ドラクエはある時期から開発期間が異常に長くなり始め、「ハード1世代の寿命を使い切って新作1本」という"超大作ゲーム"になってしまった。いくらゲーム自体の出来が良くても、直撃世代のように「成長や進学と寄り添うようにドラクエが発売されてた」みたいな状態とはまったくわけが違う。

「具体的にどれほど違うのか?」をまとめたのが以下の表。今回話題になった1991年生まれの19歳が世代的に(さすがに1995年発売のドラクエ6は無理だろうから)小学3年生でドラクエ7と初対面しているので、同じように小学3年生で初代ドラクエが発売された1977年生まれを「直撃世代」と仮定して比較してみた。

学年1991年生まれ直撃世代
小学3年生ドラクエ7(2000/8)ドラクエ1(1986/5)
ドラクエ2(1987/1)
小学4年生-ドラクエ3(1988/2)
小学5年生--
小学6年生-ドラクエ4(1990/2)
中学1年生ドラクエ8(2004/11)-
中学2年生--
中学3年生-ドラクエ5(1992/9)
高校1年生--
高校2年生--
高校3年生ドラクエ9(2009/7)ドラクエ6(1995/12)

見ての通り、1991年生まれは高校3年までに3作しかリリースされていないが、直撃世代は6作と2倍もの差が出ている。しかも(多少誕生年がずれたとしても)直撃世代が小学生時代をドラクエと共に過ごしているのに比べ、1991年生まれは最初が小学3年、次が中1年、最後が高校3年と、シリーズとして熱中し続けるにはあまりにも空白の期間が長い。もちろん旧作のリメイク作やスピンアウト作品は間に何本も出ているけど、ナンバリングシリーズの新作ほど盛り上がらないのは説明しなくても大概の人がわかっていることだろう。

要するに「ドラクエは自分にとって非常に特別」と感じるような下地は昔に比べればずいぶん減っていて、それによって(販売本数や商売・流通的な話を抜きで考えれば)ドラクエの若者への(心理的な)影響力が落ちていた。結果として「クリエイター・堀井雄二」の知名度も低下したが、それは別に不思議なことでははなかったのでは、という話。もちろん世代間云々の話じゃなくて単に「面倒だから手を挙げなかった」という可能性もあるだろうけど、話としてはずれるからここでは触れない。

ちなみに記事のタイトルについて触れておくと、9の例を見てもわかるように(どの年代にどれほど売れてるかは不明だけど)本数的にはバカ売れしているので「若者の方から」離れているということは、恐らくない。(このページによると、9は大ヒットした3をも超える415万本以上も売れている。)ただし開発期間はシリーズ4〜5を境に急激に伸びているので、むしろ「ドラクエの方が若者から離れている」と言えるかもしれない。何せ8から9は発売期間が実質的に5年ほど空いていて、この時間は子供や若者にはあまりにも長い。

このペースだと「2〜3作プレイしていたら、いつの間にか(年を食って)若者じゃなくなってた」という意味での「若者離れ」になってしまいそうなので、もう少し開発ペースが上がって若者離れを防いで欲しいですね、というのをオチにしてとりあえずエントリを終了しておきたい。

タグ:ゲーム ネタ
posted by RPM at 12:00 | TrackBack(0) | BackLink | ゲーム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。